【独自】他人のカード情報で航空券購入 男を逮捕

写真拡大

他人のクレジットカード情報を使って、航空券をウェブサイトで購入した疑いで男が逮捕された。

無職の木村浩望容疑者(44)は2019年11月、日本航空のウェブサイトで他人のクレジットカード番号などを入力し、国内線チケットおよそ3万円分を購入した電子計算機使用詐欺の疑いが持たれている。

調べに対し、木村容疑者は、黙秘しているという。

日本航空からの情報提供で発覚し、木村容疑者は偽名を使って、航空券を購入していた。

同じ偽名による航空券の購入が数十件発生していることから、警視庁は、木村容疑者に余罪があるとみて、くわしく調べている。