Samsungは2019年に記事作成時点でのフラグシップモデルとなる「Galaxy S10」を発表しました。この後継機となる次期フラグシップモデルの名称は、これまでのネーミングルールでいくと「Galaxy S11」となるのですが、iPhone Xのように突如大きく名称が変更される可能性が指摘されていました。そして新たに明らかになった実機のリーク画像から、次期フラグシップ端末の名称は「Galaxy S20」となることが明らかになっています。

Exclusive: Here is the Samsung Galaxy S20+ in Live Images

https://www.xda-developers.com/exclusive-samsung-galaxy-s20-5g-live-images/

Real-world photos confirm Samsung’s next flagship phone is called the Galaxy S20 - The Verge

https://www.theverge.com/2020/1/12/21062646/samsung-galaxy-s20-plus-photos-leak-name-cameras-confirmed

Samsungは2020年2月11日に新製品発表イベントを開催予定で、この中で次期フラグシップモデルとなるスマートフォンなどが発表されると予想されています。

Samsungの次期フラグシップモデル発表イベントは2月11日開催 - GIGAZINE

そんな中、スマートフォン関連メディアのXDA Developersが、次期フラグシップ端末のリーク画像を独自に入手して公開しています。このリーク画像によると、次期フラグシップ端末の名称は「Galaxy S11」ではなく「Galaxy S20」となるようです。

XDA Developersが独自に入手したGalaxy S20の実機リーク画像が以下のもの。正確にはGalaxy S20のうち、ディスプレイサイズの大きな「Galaxy S20 Plus」の実機写真だそうです。Galaxy S10は右上にフロントカメラがありますが、リーク画像のGalaxy S20 Plusは91Mobilesが公開していた次期フラグシップ端末のレンダリング画像と同じように、パンチホール型ディスプレイのフロントカメラが中央に移動しています。なお、Galaxy S10は側面部分を湾曲させた手になじむようなデザインを採用していましたが、XDA DevelopersにGalaxy S20のリーク画像を提供した人物によると、Galaxy S20はより平らなデザインに仕上がっているとのことです。

背面にはiPhone 11 Proのトリプルカメラよりも巨大なカメラモジュール。91Mobilesが入手したリーク情報によると、背面カメラ部分には最大5つのセンサーが搭載されており、そのうち3つが通常のカメラセンサーで、1つが3D TOFカメラセンサー、残り1つのセンサーの詳細は不明だそうです。それに対して海外メディアのThe Vergeは「広角・超広角・ポートレート・マクロという4つのカメラが搭載されているとウワサされている」と報じています。

そのほか、背面には「CONFIDENTIAL(極秘)」と書かれたシールが貼られており、機密情報の取り扱いに関する注意事項が書かれていることもわかります。

そして以下の画像が、この端末を起動した際に画面上に表示される「SAMSUNG Galaxy S20+5G」という文字。ここから次期フラグシップ端末の名称が「Galaxy S20」になることが明らかになったというわけです。

なお、The VergeはGalaxy S20について、「(リークされた端末写真の)背面には、我々がこれまで見た中でも特に楽観的で希望に満ちた機密情報取り扱いに関するシールが貼られていた」と指摘しています。