東京・町田市で22日に発生したアパート火災で、自分の部屋に火をつけたとして60代の男が現行犯逮捕された。

 きょう午前10時45分ごろ、町田市のアパートから出火し火元のアパートの1階と2階の一部と近隣の住宅の網戸などが焼けた。火はおよそ4時間後に消し止められ、けが人はいなかった。

 警視庁は出火後に現場近くにいた火元のアパートに住む60代の男を放火の疑いで現行犯逮捕した。近所の住民によると、現場周辺では出火前にゴミが燃えるなどのボヤ騒ぎがあったということだ。

 警視庁は放火した動機などについて慎重に調べている。(AbemaTV/『AbemaNEWS』より)