松本人志の「薬物厳罰化」発言が何から何まで間違っている理由 薬物問題とメディア、その内容を検証

写真拡大 (全5枚)

相次ぐ芸能人の薬物問題とマスメディア

このところ、芸能人の薬物問題が世間を賑わせ続けている。以前にも書いたが、決して芸能界に薬物が蔓延しているというわけではない。単に報道されやすく目立つからに過ぎない。芸能人の離婚はニュースになるが、一般人が離婚してもニュースにならないのと同じことだ。

しかし、世間の注目が集まっているこの機会に、薬物問題に対する理解を深めるのは良いことだ。その意味で、以前、前編・後編に分けて、薬物依存に関する基本的な内容を紹介した。

・芸能人の逮捕続々…ゼロからわかる「薬物依存症」超入門
・芸能人「10年以上前から薬物」報道…一体どれくらいの依存度なのか

今回は、その理解をもとに、誤った、あるいは問題のある報道内容について検証していきたいと思う。

〔PHOTO〕iStock

特に、影響力のある有名人が、多くの人が接するネットやテレビなどのメディアで、偏見に満ちたコメントをしたり、誤った意見を披歴したりすることを放置しておけば、それがそのまま受け止められ、誤解が蔓延してしまうことにつながりかねない。

今年もノーベル化学賞の受賞者が出たが、その研究内容については、素人は誰も意見を挟まない。それは内容が専門的であるため、門外漢は不用意に意見を言うことを控えているからだ。

翻って薬物問題になると、同じように専門的で化学的・科学的内容であるにもかかわらず、生半可な知識で自信たっぷりに自説を説く人がいる。意見を言うなと主張したいのではない。

専門的な事柄について意見を述べるならば、しかも影響力の大きいマスメディアを通して意見を述べるならば、ちゃんと事前に勉強をしてから、正しい科学的知識を踏まえてからにしてほしいと主張したいのである。

松本人志「厳罰化」論

まずは松本人志さんである。松本さんは、沢尻エリカさんの逮捕を受け、「もっとみんなに議論してほしいのは、法をもう少し厳しくしてほしい」とテレビ番組で主張した。

そして、「たぶん初犯で執行猶予じゃないですか」「法をもっと厳しくして、初犯だろうが(懲役)2、3年って決めないと減っていかないですよ」「罪を重くすれば確実に減るし」と自説を開陳した。さらに、言を継いで「これを言っているのは意外と僕だけ」と述べた。

何から何まで間違っている。

まず、彼はニュースを見ていないのか、新聞を読まないのか知らないが、この種の事件が起きるたびに、判で押したように「厳罰化論」が出てくる。うんざりするほど繰り返されているこの議論に対して、平気で「これを言っているのは意外と僕だけ」と言ってしまえることに呆れてしまう。

そして肝心の厳罰化論であるが、厳罰化をするとなぜ確実に薬物事犯が減るのか、その根拠は単に彼の思い込みだけである。憶測、主観、印象などで意見を述べることは、最も間違いにつながりやすいし、無責任このうえない。

厳罰化論への反論

まず、そもそもの大前提として、薬物事犯の件数は増えているわけではない。減少傾向または横ばいであるという事実をまったく無視している(図-1)。

図-1 薬物検挙人員の推移( 出 典 : 厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000- Iyakushokuhinkyoku/0000168589.pdf)

特に少年の薬物事犯は平成に入ってから激減している(図-2)。つまり、別に罪を重くしないでも減っているのである。

図-2 少年の薬物使用(出典:平成30年版犯罪白書)

そして、より重要なことは、これはこれまでも私がたびたび主張していることであるが、処罰だけでは再犯率が増えるというエビデンスがある(図-3)。

図-3 処罰と治療の効果(出典:Bonta & Andrews (2017) The Psychology of Criminal Conduct)

他の研究でも、厳罰化によって犯罪率が3〜5%増加するというエビデンスが繰り返し見出されている(1)。

その理由としては、刑務所に入ることで、犯罪的な人々とのつながりが増えること、家族友人とのつながりが絶たれること、職を失うこと、自尊心が損なわれること、スティグマが大きくなり社会から排除されてしまうことなどが挙げられる。  

薬物の使用は犯罪であることは間違いないが、その再犯率が高いのは、本人が反省していないことや懲りていないことが原因ではなく、犯罪であると同時に「やめたくても、やめられない病気」だという側面があるからである。

したがって、刑罰と合わせて、あるいは刑罰より先に治療を実施すべきであることは明白である。執行猶予をなくして刑務所に入れるのは、逆効果しか生まない最悪の選択であり、むしろ執行猶予中にたとえ強制的であっても治療を受けることができるような仕組みを整えるべきである。

コストの問題も考えないといけない。刑務所は年間1人当たり、400万円近いコストがかかる。一方、外来治療は50万円ほどですむ(図-4)。

図-4 薬物依存対策のコスト(出典:Institute of Medicine(1996))

また、薬物依存症治療に1ドル投資すると、薬物問題関連コスト(拘禁、医療費、犯罪、失業など)の4〜7ドルが節約できるというエビデンスもある(2)。わざわざ効果がないことを、高いコストをかけてやるという主張のどこに合理性があるのだろうか?

松本人志さんの意見については、ツイッターで堀江貴文さんが反論をしていた。「厳罰化すりゃ犯罪減るって思うのは浅薄だし、厳罰化は社会を不自由にする」というのが堀江さんの意見であるが、私もまったく同意見である。

ただ堀江さんは、さらに「そういう意味で大麻などを合法化しているオランダは先進的なのかも。アムステルダムには面白い人材が沢山集まってきてるし」と述べているが、この部分は不正確であるし、賛成できない。

まず、オランダが大麻を合法化しているのというのは、事実誤認である。オランダでも大麻は違法である。「非刑罰化」されているというのが正しい。あくまでも違法ではあるが、少量の大麻使用では刑罰を受けないというだけのことである。

また、アムステルダムに「面白い人材」が集まっているかどうかは知らないが、仮にそうだとしても、大麻との因果関係はわからない。これらも印象に基づく大雑把な意見でしかない。

ちなみに、2001年にほぼすべての薬物所持と使用を非犯罪化したポルトガルでは、その後薬物犯罪が増えるどころか、薬物関連犯罪、依存症者の数、薬物関連死や感染症などが減少している。

治療や予防策を強化した結果、逮捕を恐れることなく治療を受けることができるようになったことがその一因だと考えられる。

もちろん、他国の政策を社会的背景の異なるわが国にそのまま適用することは現実的ではない。しかし、データを見ると松本人志さんの主張とは正反対のことが起こっていることも事実である。

(1)Bonta & Andrews (2017) The Psychology of Criminal Conduct (原田隆之訳 犯罪講堂の心理学 北大路書房)
(2)UNODC(2003)Investing in Drug Abuse Treatment

夜回り先生こと水谷修さんの暴論

水谷修さんといえば、薬物関係の書籍もたくさん出しているし、「自称」薬物問題の専門家なのかもしれない。しかし、彼の主張にも問題があることが多い。

たとえば、田代まさしさんの逮捕を受けて、彼はこのように発言していた。

「専門家は、ドラッグからの回復には、『底つき』が必要だと考えています。つまり、それまでの人間関係や仕事、家族、すべてを失い、そんな中で、過去をすべて捨てて救いを求めてこなければ、救えないということです。田代君は、まさにこの『底つき』まで行っていなかった。それが、今回の事件を引き起こしました」「罪を償い、過去のすべてを捨てて、『底つき』をして戻ってくれることを祈っています」

十数年前ならいざ知らず、今どき「底つき」などということを言っている専門家はいない。彼の知識は多分、そのあたりで止まっていてアップデートされていないのだろう。

確かに、大昔は専門家の間でも、「底つき」をして懲りてからでないと、薬物依存者は救えないと考える風潮があった。しかし、底をつくということは、人間関係も仕事も健康もすべて失ってしまうということだ。先に、刑務所に入ってこのような状態になったのでは、再犯率が高くなるというエビデンスを紹介したが、底をついてしまい、何も残っていない状態になれば、むしろ治療や回復が困難になる。心や身体がボロボロになってからでは遅すぎるし、取り返しがつかない。

人は希望が持てるから、良くなりたい、回復したいと思うのである。すべてを失った後に、そのような希望が持てるだろうか。しかも、田代さんは既に多くのものを失っている。これ以上、もっと何を失えというのだろうか。あまりに酷で無責任な発言である。

水谷さんの発言は、松本人志さんに比べると、話題性という意味では小さいかもしれないが、「専門家」だと思われている部分、むしろ世間に対する影響力は大きいかもしれない。これは本人の問題であると同時に、メディアの問題でもある。

メディアは、有名だから、本を出しているから、などという単純な理由で「専門家」扱いすることをそろそろやめるべきだ。きちんとした科学的エビデンスを根拠としての発言であるか、本人の業績のなかに、一般的な書籍ではなく、専門的な学会発表や論文があるか、などを基準にすることは何も難しいことではないだろう。

コラムニスト矢部万紀子さんのコラム

上の2人に比べると、影響力という点では劣るかもしれないが、「知識人」として論壇で発表されたという意味で、また別の問題があるのが、矢部万紀子さんの「沢尻エリカ逮捕に思う。つくづく『美』は罪だ」という一文である。矢部万紀子さんは、朝日新聞の元記者であり、AERAの元副編集長だそうだ。

彼女は、沢尻さん逮捕を受けて、オピニオンサイトに長々とエッセイを寄稿しているが、全編憶測と偏見に満ちた文章である。彼女の意見は、タイトルにもあるように、沢尻さんが美人すぎたことが薬物使用の原因だという荒唐無稽なものである。

「多分に推測が含まれる」とは断り書きをしているものの、「他の人が(薬物で)逮捕されるたびに意識していたという供述も伝えられていた。だとしたら、仕事を一気に失ってしまうことはわかっていたのだ。だが、その思考は深まらない」「『失敗や挫折』は、骨身にしみるほどではなかったのだろうと思う」「『美』が、彼女から考えるという機会を奪ってしまった。美というものの『罪』」「人一倍『美』を持っている彼女は、考えることを怠った。人一倍の『美』だからこそ、考えずに済んでしまったのだ」「つくづく『美』は罪だ」などと続く。

開いた口が塞がらない。沢尻さんが美人だということと、骨身にしみていなかった、深く考えていなかった、ということに何の合理的な因果関係があるのだろうか。これは、本人が言う通り根拠のない憶測でしかなく、偏見である。

沢尻さんが、バッシングや数々の問題があっても、それを乗り越えて仕事で成功を収めていたのは、何も美人だったからだけではないだろう。才能や努力、周囲の支え、多くの表には出ていない要因がったはずだ。それに、彼女が「何も考えていなかった」、「骨身にしみていなかった」などと何を根拠に断言できるのだろうか。

また、薬物使用という問題を、陳腐な「物語」に落とし込んで、わかったようなふりをしてしまうのも本当に困ったものだ。

犯罪や問題が起きると、世間はとかくそこに「物語」を求めがちである。「美人女優の転落」などというのは、まさにそんな「物語」にうってつけのテーマかもしれない。しかし、そんな安上がりな憶測と印象で、わかったような気になってしまっては困る。何の問題解決にもならないからだ。

何かの複雑な事象を説明しようとするとき、人間は間違いを犯すものである。しかし、それを最低限に抑えてくれるものが、科学的エビデンスである。もちろん、科学も万能ではないし、間違いを犯す。それでも、乱暴で都合のよい憶測や印象よりは、よほど確かな「武器」であることは間違いない。

物事が複雑化する時代、われわれはあやふやで間違いやすい主観に頼るのではなく、もっと謙虚にデータやエビデンスに頼り、それを拠りどころとするべきである。

現代人に今一番必要とされるスキルは、このような科学的リテラシーではないかと思う。