ペルー「ナスカの地上絵」新たに140点以上を発見 山形大学の研究グループ

ざっくり言うと

  • ペルーにある世界遺産「ナスカの地上絵」で、新たな地上絵が発見された
  • 山形大学の研究グループが、140点以上の地上絵を見つけたという
  • 研究者は、数千年前の人々の生活が分かる手掛かりになればと期待している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x