台風19号“過去最強勢力”で東日本直撃か

写真拡大

大型で猛烈な台風19号が日本列島に近付いている。12日には、過去最強クラスの勢力で、東日本を直撃するおそれがあり、最大級の警戒が必要。

大型で猛烈な台風19号は、今後もあまり衰えずに北上し、非常に強い勢力を保ったまま、12日には、東海から関東へ上陸するおそれがある。その後、13日にかけて、北日本の太平洋側を北上する見込み。

11日午後から非常に激しい雨の降る所があり、12日朝までに予想される雨量は、東海や近畿で200ミリから300ミリ、関東甲信で100ミリから200ミリなどとなっている。

暴風や大雨などにより、甚大な災害が発生するおそれがあり、最大級の警戒が必要。