人気アイドルグループ「欅坂46」の1期生メンバー・織田奈那(21)がイケメン服飾専門学生と交際していることが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。織田は静岡県浜松市出身。昨年より浜松市の親善大使「やらまいか大使」をつとめている。

【写真】手をつないで歩くA氏と織田奈那

織田はバラエティ担当の“モテメンバー”

「浜松弁(遠州弁)は語尾に『だに〜』をつけるので、彼女の名前とひっかけて織田は愛称で『ダニー』とも呼ばれている。2018年には短編映画『未来のあたし』に主演するなど、女優にも挑戦した。『やらまいか』というのは『やってやろう』という意味で、ポジティブな彼女にはぴったりなんです」(浜松の地元ファン)


織田奈那主演映画「未来のあたし」

 2017年に発売された4枚目のシングル「不協和音」ではフロントもつとめている織田は、グループの中ではバラエティ担当。特に女性からの人気が高い。

「ファンが企画する『生誕祭』で、写真撮影のあとにハイタッチを自らしにきて警備員から止められたことがあった。ボーイッシュで男前な性格でメンバーからの信頼が高い。メンバーから一番モテるメンバー1の“モテメンバー”です」(同前)

「一般人じゃない人と付き合ってる」

 男前キャラの織田だが、21歳の彼女が交際する相手は服飾系専門学校に通う神奈川在住のイケメンのA氏(21)。A氏の友人が話す。

「人気バンド『SEKAI NO OWARI』の深瀬慧似のイケメンで、『MEN'S NON-NO』のスナップにも出たことがある今どきのオシャレボーイ。服や髪型だけでなく化粧水、香水、美容液などにも気を使い、月の美容代は4万円。夏前まで別の彼女と同棲していましたが、別れて数日で織田ちゃんとくっつきました。『一般人じゃない人と付き合ってる』って嬉しそうだった。『誰?』って聞くと隠す気もなく『欅坂』って言っていた」

SNSにも頻繁に登場

 この夏、A氏は渋谷区内にある、おしゃれなバルでのアルバイトを終えると、織田が住む都内のマンションに終電で向かうという毎日を送っていた。途中コンビニではサラダやスムージーを買い込み、合い鍵を使って織田のマンションへ入る。A氏のSNSには織田の部屋と思しき背景が映り込んでいる。織田のマンションに入った後にも以下のような投稿をしていた。

《(部屋のエアコンの写真)起きたら冷房消されてて暑過ぎて死ぬかと思った》(8月1日昼過ぎ)

《(バルコニーの写真)『ここにテーブルとイス置きたい』》(8月1日昼過ぎ)

《(宅配物を積み重ねた写真)『宅配ボックス開けたらこれで。普通に持ってくるの大変だった』》(8月16日昼過ぎ)

アリーナ公演出発前日には手つなぎ&お泊りデート

 決定的だったのは9月2日。21時頃、銀座の高級しゃぶしゃぶ店から出てきたのはA氏と親しげに手を繋ぐ織田だった。2人は夜の銀座の街をデートし、電車で織田が住むマンションの最寄り駅へ。駅を出ると距離をおいて歩き、時間差でマンションに入った。

 翌朝8時、A氏は着替えた姿で織田のマンションを出ると、電車で専門学校へ。15分後、織田は送迎車に乗り込み、福岡で開催される「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019福岡公演」へと向かった。

 織田の所属事務所にA氏との交際について確認したが、期日までに回答はなかった。9月6日深夜、バイトを終えたA氏に声をかけると、「少し(織田と)話していいですか?」と記者から離れ、織田と電話をするA氏。5分ほどで話を終えると、記者に「仲がいいだけで交際には至ってないです」と言い残し、足早に去った。

 織田がA氏と睦まじく銀座の街を歩く様子や、“合鍵通い愛”の模様、A氏の直撃音声などは「週刊文春デジタル」の関連動画で詳しく報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)