左手薬指にはリングが

写真拡大

 東京ドームでジャニー喜多川さん(享年87)の「お別れの会」が開かれた数日前のある夜、東京・渋谷からほど近い大通りをTOKIOの城島茂(48才)と彼女が歩いていた。マスクはしているが、サングラスはなし。一目で“リーダー”だとわかる。

【別写真】お相手、菊池梨沙の左手薬指にも指輪が!

「とても自然で堂々としていました。ふたりは左手薬指におそろいの指輪をしていて、結婚したのかなと二度見してしまいました」(通行人)

 彼女はグラドルの菊池梨沙(24才)。交際2年以上になるが、最近になってツーショットが頻繁に目撃されている。この日ふたりは行きつけのバーへ。1時間ほどお酒を飲むと、菊池の自宅へと帰っていった。

 城島が運転する高級外車がレストランの前に止まり、助手席に菊池が乗り込む日もあった。

「交際当初はお店に別々に出入りしたり、自宅にも時間差で帰ったりと気をつけていましたが、最近はいつも一緒。ふたりともお酒が好きで、行きつけのスナックやバーをはしごしていますよ。一緒に住んでいませんが、お互いのマンションを行き来する二重生活を送っているようです。城島さん、時間があると、梨沙ちゃんの送り迎えをしているようで、お店の前で待っていることも多い。彼女が24才年下だからか、心配なんでしょうね」(ふたりの知人)

 初めてふたりの交際を報じられたのは、2017年6月。20才以上の年の差、Eカップグラドルとの交際は話題になったが、「続かないのでは」という声も少なくなかった。

「4年ほど前に城島さんが一目ぼれして、猛アタック。交際がスタートしました。梨沙ちゃんのお父さんはバングラデシュ人でお母さんが日本人。エキゾチックな魅力もある上に、作家を目指しているという才女でもある。かなりモテるし、年の差もあるのでいつまで続くのかな…と思っていました。実際、交際が発覚してから一度は距離をおいたこともありました。でも、ヨリを戻してからは以前よりずっと関係が深い雰囲気です。梨沙ちゃんは城島さんのことを“シゲルくん”と呼んでいますよ」(前出・ふたりの知人)

 アラフィフのリーダーの恋をファンも応援した。

「交際がスクープされてファンにこんなに応援されるアイドルは城島さんくらいでしょうね(笑い)。これまで『農家が本業。アイドルは副業』『老後が心配』などと言われていたので、ファンはこの恋をとても温かく見守っています」(前出・芸能関係者)

 小学3年生の時に両親が離婚、一人っ子の城島は結婚願望が人一倍強いという。

 過去のインタビューで城島は、《僕自身のことを言えば、小さい頃からあったかい家庭が欲しくてたまらなかったから、早く結婚して18歳くらいでヤンパパになるのが夢だった》と明かしている。

「お母さんが女手ひとつで城島さんを育てたということもあり、城島さんはお母さん思い。早く結婚してお母さんを安心させてあげたいという気持ちもあるでしょう。梨沙ちゃんの実家は裕福ですが、お母さんが病気がち。いつも気にかけていて、とにかく家族思い。そんな彼女を見て、城島さんは自然と結婚を考えるようになったんだと思います。すでに、お母さんにも梨沙ちゃんを紹介ずみで、梨沙ちゃんの両親にも挨拶しています。双方の家族で一緒に食事をすることもあるそうです」(前出・ふたりの知人)

 そして最近、城島はある決意をしたという。

「山口達也さん(47才)の事件やジャニーさんとのお別れの影響もあったんでしょう。親しいスタッフや仕事仲間にも彼女を紹介したんです。『この人と一緒になりたい』と。TOKIOのメンバーにも紹介したと聞きました」(別の芸能関係者)

※女性セブン2019年9月19日号