iKONのB.I

写真拡大

韓国アイドルグループiKON(アイコン)のリーダーB.Iに麻薬疑惑が浮上した。

12日、韓国メディアのディスパッチはB.Iが2016年4月に麻薬類違反被疑者Aとやり取りした麻薬関連のカカオトーク(メッセンジャーアプリ)のチャット内容を入手したと報じた。

公開された内容によると、B.Iは麻薬を購入する意思を示し、覚せい剤使用の事実も直接明らかにし、LSD購入についても言及した。しかし警察はこれを知っていながら召喚調査すらしていなかったことが分かった。

該当のチャットは2016年に行われた。当時、B.IはLSDに関心を示し、「3つ買おうかな? お金を貯めないと。君から買ったらディスカウントしてくれる?」とし「僕は天才になりたくてするんだ」「僕は一つだけを一生やる。正直言うと、Xとか毎日やりたい。でもXは高い」などのメッセージをAに送った。

報道によると、Aは2016年8月にソウルの自宅で麻薬容疑で緊急逮捕された。京畿龍仁(キョンギ・ヨンイン)東部警察署はAの自宅を家宅捜査したときに押収した携帯電話などから2人の対話内容を確保し、Aは「カカオトークのチャット内容は事実だ。B.Iの要求でLSD10錠を宿舎の近くに届けた」という趣旨の供述をしているという。しかし警察はB.Iに連絡さえしなかった。

警察はこれに対し、Aが3回目の被疑者尋問で「B.Iが麻薬を要請したことは間違いないが実際には買わなかった」と供述を覆したためB.Iの事情聴取はしなかったと明らかにした。

しかし、公開されたチャット内容にはB.Iが直接麻薬をしたという表現が登場する。他の人には絶対に麻薬の話をするなというAに「君とは一緒にしたことがあるから聞くんだ」とはっきりと言及している。また、B.IはAにチャット記録が残らないメッセンジャーを使うよう勧めて自身とのチャット内容も削除するよう求めていた。

最近、V.I(ヴィアイ)のバーニング・サン事件やヤン・ヒョンソク代表の性接待疑惑などで各種論争に巻き込まれている韓国の芸能事務所大手YGエンターテインメント。所属歌手B.Iの麻薬疑惑まで報じられながら世間の耳目が集中している。