樹木希林は一時危篤状態だった 本木雅弘が容態について説明

ざっくり言うと

  • 本木雅弘が30日の会見で、樹木希林の容態について説明した
  • 13日に転んで左大腿骨を骨折、15日に手術後、一時は危篤の状態だったという
  • 現在は危機も回避し、樹木は「しぶとい困った婆婆です」とコメントを寄せた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x