定員は人口の20分の1 豪雨被害の避難所に住民が殺到し混乱

ざっくり言うと

  • 西日本豪雨で河川が相次いで決壊した岡山県倉敷市真備町
  • 浸水被害が大きかったエリアには指定避難場所が4カ所だけだったという
  • 定員は同エリアの人口の20分の1で、住民が殺到して混乱が生じたとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x