注目の安藤美姫 (写真:Yutaka/AFLO SPORT)

写真拡大

 フィギュアスケートの世界ナンバー1を決める「世界フィギュアスケート選手権」。ロシア・モスクワで開催される今大会は3月14日に開幕し、20日までの1週間にわたって開催される。来年に控えた冬季オリンピック・トリノ大会の前哨戦として、国際的に高い関心を集めることになりそうだ。

 そんななか、日本勢にかかる期待は大きい。なかでも女子シングルスに出場する3人は、実績、実力とも世界トップランクに位置することから、注目度は大だ。大会連覇(前回は04年)にターゲットを絞る荒川静香(23/プリンスホテル)は、名実ともに日本フィギュア界の女王。ここのところ故障に苦しんできたが、今大会にコンディションをあわせており、復活の演技を披露してくれるはずだ。

 まだ17歳の安藤美姫(17/愛知・中京大中京高)も、優勝に手が届く実力者。シニアへの進出からまだ間もないものの、すでに日本選手権2連覇の実績をひっさげて、今大会に臨む。3人のなかでも勢いはナンバー1。自慢の4回転ジャンプはもちろん、表現力も確実に進歩。まだまだ成長過程の彼女には、のびのびと演技をしてもらいたいところだ。

 また、村主章枝(24/ダイナシティ)は、先の四大陸選手権の勝利で、今大会の最後の出場チケットを手に入れた。プレッシャーのかかるなかで、逆境を跳ねのけての出場決定は、彼女の勝負強さをあらためて証明したかっこうだ。荒川、安藤に村主を加えた今回の布陣は、まさしく最強トリオ。この3人が実力どおりの力を発揮できれば、表彰台の独占も夢ではないだろう。

 一方、男子シングルには、本田武史(23/IMG)、高橋大輔(18/関大)の2選手が出場する。それぞれ昨年は故障に苦しみ、ここ最近は目だった結果を出せていない。そのぶん、今大会には危機感を持って臨んでいる。復活の狼煙をあげることができるのか。トリノを占ううえで、こちらも目が離せそうにない。


【大会概要】
◇大会名称/2005世界フィギュアスケート選手権
◇開催日時/3月14日(月)〜20日(日)
◇開催場所/ロシア(モスクワ)

◇日本選手
[男子シングル] 本田武史(IMG)、高橋大輔(関大)
[女子シングル] 荒川静香(プリンスホテル)、安藤美姫(愛知・中京大中京高)、村主章枝(ダイナシティー)
[アイスダンス] 渡辺心(新横浜プリンスクラブ)、木戸章之(新横浜プリンスクラブ)

◇主なスケジュール
3/14
16:00〜  男子予選(フリー)
3/15
25:00〜  男子ショートプログラム
3/16
16.00〜  女子予選(フリー)
3/17
25:00〜  男子フリースケーティング
28:45〜  男子表彰式
3/18
19:30〜  女子ショートプログラム
3/19
19:30〜  女子フリースケーティング
23:15〜  女子表彰式

※スケジュールは日本時間