1992年8月、ソウルオリンピックスタジアムで統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の「合同結婚式」が開かれた。純白のドレスに身を包んだのは、人気絶頂だった歌手の桜田淳子(当時34)、ロス五輪代表で“新体操の女王”と呼ばれた山粼浩子氏(同32)、バドミントン元日本王者の徳田敦子氏(同36)。桜田は結婚前の会見でこう語っていた。【画像】結婚相手を“マッチング”する文鮮明氏夫妻「見ず知らずの相手といっても