熊本県は13日、豪雨対応の応援で、高松市から派遣されていた30代の男性保健師が、同市に戻った後、新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。保健師は熊本県多良木町の高校で避難所運営に当たっていた。