25日、国立代々木競技場第二体育館で行われた『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN 〜RING OF VENUS〜』にビッグ・サプライズ。大会アンバサダーを務めるお笑いタレント・ゆりやんレトリィバァがラウンドガールとして突如登場するも、水着の内側に貼られた“黒いテープ”の存在に気づいた視聴者が一時、騒然となる場面も見られた。

【映像】ゆりやん、トンデモ衣装に「放送事故の予感w」視聴者騒然

 視聴者がざわついたのは第11試合、K-1女子フライ級・櫻井梨華子(優弥道場)と鈴木万李弥(志村道場)の一戦。試合は3ラウンドの末に3-0の判定で鈴木が勝利したが、試合開始前にゆりやんレトリィバァがスペシャル・ラウンドガールとして登場。突然の出来事、さらにコスチュームに「放送事故の予感w」といった反応が殺到。

 第1、第2ラウンドのインターバルでもゆりやんが登場すると、試合を中継したABEMAの実況が「いや、思い切りました…」とコメント。視聴者からも「まじかよ」「笑」「カメラ目線」など驚きの声、さらに「バラエティ番組か」「どこのモデルさん?」などのツッコミも相次いだ。

 その後、第2ラウンドのインターバル、さらに試合後にも登場したゆりやんは最後、勝者の鈴木とファイティングポーズで2ショットも披露。しかし、そんなゆりやんの水着の内側に貼られた“黒いテープ”の存在に気づいた一部視聴者からは「水着からはみ出してる」「黒のテープw」「気になる」「おもろい」などの反響も多数寄せられていた。