『シカゴ・メッド』シーズン6に新キャラクターが登場!ある人物と繋がりが?

写真拡大

米NBCで放送中の人気医療ドラマ『シカゴ・メッド』シーズン6に、ある人物と繋がりを持っていると思われるキャラクターが登場することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

シーズン6で新しくキャストの仲間入りを果たすことになったのは、犯罪ドラマ『スノーフォール』や米CWの学園ドラマ『All American(原題)』などに出演しているアスジャ・クーパー。

NBCで4月28日(水)に放送される第13話「What a Tangled Web We Weave(原題)」で初登場するアスジャは、優秀な医学生ヴァネッサ・テイラーを演じる。医学部のクラスで最年少となるヴァネッサはフレンドリーで優しく知的で、野心にあふれて情熱的、そしてこれまでの人生でも自分の目標を達成するために懸命に努力してきたというキャラクター。

第11話「Letting Go Only to Come Together(原題)」で主任看護師のマギー・ロックウッド(マーリン・バーレット)は、コロナ渦で看護学校と医学部への入学者が急増したことを受け、病院の救急科の訓練プログラムを拡大することを提案していた。ヴァネッサはそのプログラムに加わることが予想される。

これまでにアスジャは、ファミリー・コメディドラマ『New Normal おにゅ〜な家族のカタチ』や学園ドラマ『フェイキング・イット 〜噂のカップル!?〜』、『フォスター家の事情』などにゲスト出演している。

One Chicago(@nbconechicago)がシェアした投稿

アスジャが新キャストして加わる『シカゴ・メッド』シーズン6はNBCにて放送中。すでに、シリーズはシーズン8まで更新されている。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『シカゴ』シリーズの公式Instagramより