HOYA元社長の遺族、相続財産について約90億円の申告漏れ 国税局が指摘

ざっくり言うと

  • 東証1部上場の光学機器大手「HOYA」の鈴木哲夫元社長が2015年に死去した件
  • 遺族が税務調査で、相続財産約90億円の申告漏れを指摘されていたと分かった
  • 過少申告加算税を含む追徴税額は約50億円で、遺族側は納税したとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x