「え、男なのにAT限定?」

【写真】この記事の写真を見る(10枚)

 15年前、私が免許を取った頃は、そのようにAT限定免許(*1)を蔑む風潮があった。AT車の販売比率は当時でも95%を超えていたから、実質的にはMT免許(*2)など不要だったのだけれども、「AT限定だとバカにされるからMTで取る」という考えが多数派だったように思う。

*1 変速を自動で制御するオートマチック・トランスミッション(AT)を搭載した車のみを運転できる免許。1991年、AT車の比率上昇に伴い新設された。限定のない場合に比べ、取得の際の規定教習時限数は3時間少なく、一般的に費用も数万円程度抑えられる。

*2 変速機構についての制限が課されていない運転免許の俗称。シフト操作およびクラッチ操作により、ギアチェンジを手動で行うマニュアル・トランスミッション(MT)を搭載した車を扱える。

 時代は変わり、今では男性でもAT限定免許が珍しくなくなった。ソニー損保が毎年実施している「新成人のカーライフ意識調査」では、2020年の発表においてはじめて、男性の「AT限定」比率がMTを上回るという結果が示されている。警視庁運転免許統計を見てもAT限定免許を取得することが一般的であることは一目瞭然だ。

 もはや「運転=男らしさを発揮する場」という価値観は時代にそぐわないものになっているのだろう。ましてや免許でのマウンティングなど、自らの浅はかさを露呈するだけである。免許の条件など気にかけることなく、それぞれのカーライフを楽しめばよいのだ。

ネット論争に垣間見えるAT派のコンプレックス

 けれども、ネット上を中心に、いまだに「AT限定はダサい派」と「MTなど不要派」との間でたびたび論争が巻き起こる。MT派による煽りを無視できないAT派を見ていると、MTを不要と断じつつも、どこかで「ATでは不十分なのではないか」という思いが残されているようでもある。

 体験していないものを切り捨てるにあたっては、その選択を自分のなかで合理化する必要があるけれども、なにしろ体験していないのだから100%の合理化は不可能だ。

 実際のところ、AT限定免許では享受することのできない「AT派の盲点」といったものが、どこかに存在するのだろうか。「運転の楽しさ」といった抽象的なものではなく、もっと具体的なメリットについて、AT派が見過ごしてしまっているポイントがないかを検証してみたい。

そもそもMT派が主張してきたメリットは時代遅れ?

 先に断っておきたいのは、「MT派が長年主張してきたメリットは、ATの性能が向上した現在では通用しなくなっている」ということだ。

 たとえば性能面についてである。動力伝達のロスが大きかったかつてのAT車と比べれば、変速を手動で行うMTの方が燃費・加速において有利であった。「機械よりも正確に操れる」というのはMT乗りにとって大きなアイデンティティであり、そこにある種の「職人的なカッコよさ」を見いだすこともできただろう。

 けれどもATの性能が向上した現在では、そうした優位性は主張できなくなっている。熟練したMTドライバーであってもATの加速を上回ることはできず、燃費面でも明確な差をつけることができなくなった。CVT(無段変速機)をATの一種と見なすなら、むしろ燃費もATの方が優れているとさえいえるだろう。


©iStock.com

「車としての性能を引き出す」という点において、機械を上回ることができなくなった今、MT乗りは「わざわざ面倒な操作をして加速や燃費を悪化させる酔狂な人間」と見なされてもおかしくないわけである。

スポーツカーにもMT設定がなくなる時代

 性能面におけるメリットを潰されたMT派は、もはや「趣味性」という最後の砦に立て籠もるほかない。けれどもその砦も、MT設定のないスポーツカーが増加するにつれ、徐々に崩されていくことになる。

 GT-RやNSX、スープラと、レースで名をはせた往年の名車たちも今ではことごとく「ATのみ」の設定だ。「運転の楽しさ」が魅力であるはずのスポーツカーにすらMT設定がなくなっているという事実は、「運転を楽しむならMT一択」というMT派の拠り所を奪ってしまっているのである。

 もちろん、ロードスターや86などMTが主流の車種はまだまだ存在しているし、上記の高額なスポーツカーと比べれば、気軽に性能を楽しめるという魅力がある。けれども、「高額なスポーツカーほどMTがなくなる」という傾向があることもまた一つの事実だ。

一方で「勝ち組」となるMT乗りも

 MT乗りはいまやメーカーからも見放され、ひとり陰気にボロボロのスポーツカーを乗り回している……のかと言えば、決してそんなことはない。むしろ現在は、これまでMTを乗り続けてきた人達にとって「おいしい思い」ができる条件が整っているのだ。

「5年前に新車でランサーエボリューションの最終型を450万円ほどで購入したのですが、2020年に売却したタイミングでは400万円の値がつきました」

 スポーツカー愛好者の知人はそう語る。

 損益を考えると、約4年間で50万円の損失であるから、実質的な負担は1ヶ月につき1万円程度である。彼は売却金を元手に、シビックタイプRを購入していた。シビックタイプRは先日受注受付が終了したモデルであり、中古車相場は高値で安定しているから、次回のリセールにも期待できる。

高騰し続けるMT車の買取価格

 MTのスポーツモデルはこれまでもリセールバリュー(中古車としての価値)が高かったが、ここ2、3年はとくに高騰が顕著である。買取価格の上昇により、実質的な負担を抑えるばかりか、利益を出しているケースも少なくない。

 6、7年前、中古車店を訪れた際、駐車場の隅に値札のないR32型GT-Rがあり、気になってスタッフに尋ねてみた。

オーナーがオークションで安く仕入れ、「投資だ投資」などといってそのまま自身で購入したが、あまり乗らないので店に置いているのだという。

 現在、同型のGT-Rの価格は暴騰し、新車価格(430.5万〜529万円)を上回ることも珍しくない。カーセンサーに掲載されている車両の平均価格を見ると482.3万円となっている。保管状態によっては、1000万円以上で取引されるケースすらある。見事に「投資」に成功したというわけだ。

MT車の高騰は「たまたま」ではない

 上の事例は「たまたま運がよかっただけ」と思われるかもしれないが、MTのスポーツカー市場が高騰していることには明確な背景がある。

 しばしば原因として挙げられるのはアメリカの「25年ルール」と呼ばれる法律。この法律によって、アメリカの保安基準に適合しない車(海外で新車登録された車)であっても、25年が経過した車両については「アンティーク」扱いとなり例外的に輸入が許可されるのだ。

「ワイルド・スピード」シリーズといった映画や、レースでの実績によって海外にも名の知られた古い日本製スポーツカーが、製造から25年が経てば、アメリカ市場に解禁されるようになったわけである。それを契機に、国内における80〜90年代のスポーツカーの流通量低下と価格高騰が引き起こされた。

「25年経ったスポーツカーは高騰する」ことが定説となり、2000年代のスポーツカーに先行投資を行う業者やマニアが増えたことで、登録から25年を迎えていないモデルも高騰している状況だ。

高騰相場は今後も続く?

 中古車市場におけるMTスポーツカーの価格高騰は、古いモデルに限った話ではない。もともとMT車は下取りにおいて有利な傾向にあったが、その流れを加速させるさまざまな要因がまだまだある。

 2030年以降の見通しとして政府が示した「ガソリン車新車販売禁止」の方針がその一つだ。ガソリンのみを動力とするモデルは、これから年々減少していくことになる。

 MT車に乗る層にとって、エンジンの吹け上がる感覚がもたらす「ダイレクトな操作感」は必須のものだろう。各メーカーのスポーツモデルがハイブリッド化を余儀なくされるなか、「純粋なガソリンスポーツカーに乗りたい」という層は残ると予測できる。

 今後の中古車市場において、スポーツ系車種の「最後のガソリンモデル」が高騰していくことは想像に難くないというわけだ。

スポーツカーは乗り心地が悪い?

 それでもやはり、「スポーツカーって乗り心地も悪いし、普通の人が乗るようなものじゃないだろう」と考える向きが大多数かもしれない。しかしスポーツ系のモデルにも、「本気度」にグラデーションがある。

 量販車種のスポーツモデル、たとえばスイフトスポーツなどは普通のコンパクトカーとして支障なく利用できる。軽も選択肢に入れられるなら、先日フルモデルチェンジを迎え、新たにMTモデルを設定したN-ONEもいい。デザインもポップで受け入れやすく、スポーツ系にありがちな無骨さを感じさせない。

 投資価値としてはスポーツカーの「ガチ勢」には見劣りするが、たとえばそれが「最後のガソリンモデル」ともなればリセールバリューは跳ね上がるだろう。

 最新車種なら安全面や利便性といったところもカバーできる。坂道発進をアシストする機能や、回転数を自動で合わせる機構によって、操作面の負担は軽くなるだろう。クルーズコントロールや各種自動ブレーキといった先進安全装備も珍しくなくなっているから、「MT車は最新機能を使えないのでは」と心配する必要もない。

MT免許の持つ価値

 2030年代に向け国内外の各メーカーが電動化に舵を切るなか、MT車の希少価値はますます上昇していくことが予想される。MT車の魅力を語るうえで、従来は趣味性ばかりが強調されてきたが、今後はその投資的価値にも目を向ける意義はあるのではないか。

 車は「移動手段」であると同時に「資産」でもある。資産形成の観点から考えたとき、10年で価値がほぼゼロになってしまうものに何百万円もつぎ込むというのは、あまりに非合理的である。多少操作が面倒でも、経年によって価値が低減しにくいMT車は、十分考慮に値する選択肢なのではないか。

 もちろん、アルファードやランドクルーザーなどATであってもリセールバリューが高い車は存在する。けれども選択肢を広げてみることで、より多くのリターンを期待できる方法、より確実性の高い方法が見つかるかもしれない。「AT限定で十分」と結論づけてしまえば、こうした選択肢を端から切り捨てることになる。

 MTの操作ができることなど、何の自慢にもなりはしない。けれども今後、MT免許を取得することは、資産形成の選択肢を広げるうえで有効な手段となると考えられる。

 さらにMTを運転してみて、万が一その「趣味性」に目覚めようものなら、それこそ一石二鳥である。MT車を維持することで、趣味と投資を兼ねることができるのだから。

 AT限定とMT免許との差は、つまるところそのような「可能性」である。AT限定の場合よりも、得をするかもしれないし、運転を楽しめるかもしれない。3時間の教習時間と、2万〜3万円の費用の差で、こういう可能性を手にしてみるのも悪くないはずだ。

(鹿間 羊市)