もしも再び現金支給があるならば…経済学者が人々の「本音」を分析

ざっくり言うと

  • 被災と補償に関する調査結果をもとに、経済学者が人々の「本音」を分析した
  • 再び現金支給があるなら、無条件に同じく給付すべきと考える人々は36%に
  • この場合、一人あたりに求める給付金額は平均で「16.7万円」だったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x