小田急電鉄の駅員が忘れ物を着服 「生活に困ってやってしまった」

ざっくり言うと

  • 小田急電鉄の男性駅員が忘れ物11万5643円分を着服していたことが分かった
  • 客から小物入れを忘れたと申告があり、返却済みになっていたことから発覚
  • 駅員は「生活に困ってやってしまった」「深く反省しています」と話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x