熊本豪雨の救出活動 子どもたちが廃校の校庭に石灰で「SOS」

ざっくり言うと

  • 豪雨被害を受けた熊本県で、孤立状態が続く住人の救助活動が進んでいる
  • 5日朝、子どもたちが廃校の校庭に「SOS」と石灰で書いて助けを求めた
  • 自衛隊のヘリが降りてきて、同日午後からの救助活動につながったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x