新型コロナの影響でノートルダム大聖堂の保全作業を停止 崩壊の危機残る

ざっくり言うと

  • 2019年4月15日、大火災に見舞われたパリ・ノートルダム大聖堂
  • 新型コロナの影響で3月17日に外出制限が始まり、工事現場も閉鎖された
  • 保全作業が停止しており、建物崩壊の危険が残ったままだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x