Microsoftは2月27日(米国時間)、「February 27, 2020-KB4535996 (OS Builds 18362.693 and 18363.693)」において、Windows 10の印刷機能や検索ボックスレンダリングの不具合などを修正するアップデート「KB4535996」を公開した。このアップデートは主に次の不具合を修正するとされている。

ノイズが多い環境で音声プラットフォームアプリケーションが数分間開かない問題

Windows Mixed Reality (WMR)ホーム環境の画質を低下させる問題

ActiveXコンテンツの読み込みを妨げる問題

モダンスタンバイモード中のバッテリパフォーマンス

ユーザーセッションが30分を超えるとMicrosoftナレータが機能しなくなる問題

削除済みキーボードレイアウトがアップデート後にデフォルトとして追加される問題

Windows検索ボックスが適切にレンダリングされない問題

プリンタ設定のユーザーインタフェースが正しくレンダリングされない問題

一部のアプリケーションがネットワークプリンタで印刷できない問題

Cumulative Updates - February 27, 2020 - KB4535996 Optional - Microsoft Community

もし、上記の不具合を確認していたとしても、このアップデートの適用は見送ったほうがよいかもしれない。「Cumulative Updates - February 27, 2020 - KB4535996 Optional - Microsoft Community」に「KB4535996」を適用したユーザから大量の不具合報告が行われているのだ。ユーザーから寄せられている主な不具合は次のとおり。

PCがスリープ状態から復帰するとブラックスクリーンになるようになった

PCがスリープ状態に入ることができなくなった

PCがランダムに再起動するようになった

PCがランダムにクラッシュするようになった

PCが起動しなくなった

ログイン後にディスプレイがちらつくようになった

アプリケーションおよび管理者権限でのPowerShellが起動しなくなった

Cortanaを使ったカレンダーエントリの作成ができなくなった

ノートPCのキーボードが機能しなくなった

ディスクに用途不明の書き込みが行われていた

オーディオが機能しなくなった

印刷できなくなった

デスクトップデータが削除された

本稿執筆時点で、Microsoftはまだこの不具合について認識していないか、調査中としても報告を行っていないためどのようなことになっているのか不明瞭な状況にある。「KB4535996」は2020年3月のWindows Updateに取り込まれる可能性もあり、問題がさらに多くのユーザーに広がる可能性もある。Microsoftはこのところ、個別に提供するアップデートによって問題を引き起こすケースを繰り返している。不具合が発生していたとしても、アップデートを適用することでさらに別の問題が生じる可能性があり注意が必要。セキュリティアップデートなど緊急性の高いアップデートを除き、不具合やバグの修正については適用前に他のユーザーからの報告を待つなど、対策を取ることが望まれる。