あなたの周りにも容姿端麗でモテそうなのに、なぜか恋人ができないという女性がいませんか。彼女らが「カレシができない」と嘆いている横で、「私の恋人にしたいくらいだわ」と思うこともありますよね。そんな彼女らには、なぜ恋人ができないのでしょうか。
そんな女性の特徴について、4人の男女に聞いてみました。

隙がなく声をかけづらい

「会社の先輩は本当に容姿端麗で女優さんのよう。それなのに、『なかなかカレシができない』と嘆いている。彼女の場合、仕事もできるしあまり隙がない。同僚に『なぜ狙わないの?』と聞くと、『あそこまで完璧だと高嶺の花すぎて、狙うのもおこがましく感じる』のだそう。
仕事もできてキレイだと、逆に男性は近寄りがたいらしい」(26歳/IT)

▽ 確かに、仕事ができて容姿端麗となると隙がなく、声をかけづらいと思うかもしれませんね。忙しそうにしていると、デートにも誘いづらいという気持ちはわかります。
ちょっと難しいかもしれないかもしれませんが、お誘いが少ないのであれば、ある程度の隙を見せるといいでしょう。

男友達っぽく付き合えてしまう

「かわいくて愛嬌があるのに、親しみやすすぎて色気とか感じない。女の子っていうよりは、男友達っぽい付き合い方になってしまう。仲はいいし最高に居心地がいいけど、緊張感もないしドキドキもしない。自分でも『かわいいのになんでだ!』と思う」(広告代理店/27歳)

▽ 安心して一緒に過ごせるというのは大事ですし、ぐっと仲良くなれるというのもメリットですが、色気がなく女の子として意識しないというのは悲しいものですね。

恋愛する気がなさそうに見える

「恋愛する気がなさそうだったり、趣味がいっぱいで充実しすぎな日々を過ごしていたりする人だと、ちょっといいなと思っていてもあきらめてしまう」(人材/26歳)

▽ カレシが欲しいと思っていなさそうな人というのは、好きになっても仕方ないと思わせるのかもしれませんね。もし本当にカレシが欲しいのであれば、恋人募集中であることはさりげなく伝えるといいでしょう。

なんでも完璧にこなしてしまう

「何でも完璧にこなしてしまって男性の立つ瀬がないような子だと、どうやってアピールしたらいいかわからない。何か手伝ってあげようかとも声をかけられないし、完璧すぎて声をかける理由がない。弱音でも吐いてくれたらかわいげがあるけど……」(28歳/IT)

▽ 完璧すぎて男性が声をかけられないような相手だと言うことですね。「かわいげがない」なんて言われてしまうと悲しいですが、声をかけるきっかけがないとアプローチできないというのも確かですね。

まとめ

いかがでしたか。女性からしてみると、「そんなことで?」と思うような理由もあったと思います。ただ、人を寄せ付けないようなオーラを持っているのかもしれません。
もし心当たりがある人は、愛想よく笑ってみたり、自分からフランクに声をかけてみたりするのもいいでしょう。