インフルエンザが流行 治療薬効きにくい耐性ウイルスが広がる恐れ

ざっくり言うと

  • インフルエンザの治療薬として、現在広く使われている「ゾフルーザ」
  • ゾフルーザが効きにくい「耐性ウイルス」が患者から検出されたという
  • 今後、この「耐性ウイルス」が広がる恐れがあるとの研究結果も発表された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x