連載企画、女ひとり上手。連載7回目となる今回は、秋の夜長を充実させてくれる素敵なコンテンツたちをご紹介します。どれもひとり好きな私が活用しているものばかりです。

ひとり時間に活用したいコンテンツ

ソロ活情報共有サイト「ohitoriii」

ひとり好きな人は「おひとりさま」と呼ばれることも。そんなおひとりさま向けのサイトは複数あります。その中で私が注目しているのが、ソロ活情報共有サイト「」。
他のおひとりさまを対象にしたサイトとは異なり、サイトに会員登録した人なら誰でも自分のソロ活を発信できるのです。投稿方法は、写真だけを気軽に投稿できる「オヒトリーsnap」、文章+写真で記事として投稿できる「おひとりプラン」の2パターンあります。
どの投稿を見てもひとりをイキイキと楽しむ様子が伝わってきます。自分に趣味嗜好が近い人がいれば「いいね!」やフォローをしたり、コメントを書き込んだりするのも◎。ソロ活の楽しみ方を広げる手助けをしてくれるサイトです。

音声配信サービス「Radiotalk」

ラジオが好きな私はひとりでいるときに、ラジオ以外の音声メディアも楽しんでいます。そのひとつが「」。誰でも無料で自分のラジオ番組を持てるサービスで、スマホアプリをインストールしておけば、好きなときに好きな場所で聞くことが可能です。一般的に有名な人からそうでない人まで、いろいろな人たちが番組を持っています。
私がとくに好きな番組は「ボディクリエイターmiharuのイイ女論」。ボディメイクの仕事をしているmiharuさんがヘルシーな生き方や心の持ち方、体づくり、パートナーシップの築き方など、心身共に健やかになれるヒントを授けてくれます。
自分の番組を持ってみる、という使い方もおすすめです。私も「池田園子のラジオ」と称して最大12分の尺の中で自分の興味のあること、やってみたことを話しています。何かを説明したり人にわかりやすく伝えたりする練習としても使うことができますよ。

動画視聴サービス「Prime Video」

年間プラン4,900円(税込)または月間プラン500円(税込)を支払うAmazon Prime会員であれば、特典として誰でも見られるビデオ・オンデマンド「」。PCで閲覧するのも大きめな画面で楽しめて◎ですが、スマホアプリをインストールして、外出先でも閲覧できるようにしておくと、ひとり時間がさらに快適になります。
私は1回につき75分のコースでエステに通っているのですが、施術中にPrime Videoを視聴しています。Wi-Fiが使えるので速度的にも問題ナシです。
Prime Videoの魅力は映画やドラマが原則無料で見られること、話題の作品もわりとすぐに追加されること、有料作品でも199円程度〜とリーズナブルであること、オリジナル作品も豊富にそろうことなどが挙げられます。
オリジナル作品でいうと現在(2019年10月時点)放送中の『バチェラー・ジャパン』シーズン3にハマっています。簡単に言うと、ひとりの男性を20名の女性たちが結婚相手として奪い合う恋愛リアリティ番組です。人間模様やコミュニケーションに関して学びを得られます。

インターネットテレビ「AbemaTV」

無料プランで十分楽しめる「」は、ひとり時間を過ごすときかなりお世話になっているインターネットのテレビ局です。AbemaTVもオリジナルコンテンツが充実しています。たとえば恋愛リアリティ番組では『さよならプロポーズ』『オオカミちゃんには騙されない』、格闘リアリティ番組では『格闘代理戦争』などが有名どころでしょう。
以前『格闘代理戦争』制作者をインタビューしたとき、「コンテンツではあるけれど台本は作らない」と話していました。リアルなコンテンツを作るためにたくさん撮影し、出演者の感情を引き出して、丁寧に編集するのだそうです。だからこそ見る者の心を動かすのだと思います。
その他にも、大相撲の中継を毎場所15日間行うなど、スポーツコンテンツにも力を入れています。ニュースからドラマ、バラエティ、スポーツ……何でもそろうのがうれしいです。

次回の第8回目では、ひとり時間を素敵に過ごしている方をご紹介します。どうぞお楽しみに。