天皇皇后両陛下の即位礼正殿の儀が22日、無事に終了した。海外の王室からも多くの人が参列し、饗宴の儀まで、両陛下の即位を祝福したが、その海外からの賓客の中で注目を集めているのが、ブルネイのマティーン王子。そのイケメンぶりに、ネットも「インスタ秒でフォローした」「かっこよすぎてめちゃくちゃ気になっていた」など注目の声が上がっている。

 マティーン王子は白い軍服のような衣装で即位礼正殿の儀に参列。インスタグラムには「日本の徳仁天皇の即位を目撃した」と記し、儀式の様子をアップし、参列している自身の姿も投稿している。

 王子はインスタグラムを開設しており、その中にはイケメンショットが続々。飛行機からスカイダイブする姿や、馬に乗る姿、ポロをする姿などをアップしている。スポーツ万能のようだ。

 外務省のHPによると、ブルネイは東南アジアのボルネオ島の北部に位置する国で三重県とほぼ同じ大きさ。自然と天然資源に恵まれた国だ。ハサナル・ボルキア国王が治め、首相として政治に関わっており、国民から深い敬愛を受けている。マティーン王子はそんな国王の4男だ。

 そのイケメンぶりも手伝ってか、インスタのフォロワーは世界各国120万人超えという人気。ネットでは早速「検索しまくった」「最前列にいらした方ですよね?私も気になっていました」「い、イケメンや」「どこのイケメンかと気になってました」「すっごいドストライク」など話題となっていた。