中国メディアは、日本の駅弁のレベルの高さを称賛する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国が世界一を自負する高速鉄道だが、どうしても日本の新幹線に勝てない部分があるという。それは「駅弁」だ。中国メディアの快資訊はこのほど、日本の駅弁のレベルの高さを称賛する記事を掲載した。

 中国高速鉄道で販売されている駅弁には、中国人自身も失望させられているという。中国人の誇る高速鉄道のなかで最もがっかりする部分と言っても良いかもしれない。記事の中国人筆者は、中国の駅弁は値段が高いのに、中身は食材が少なくて味もまずく、がっかり度は食べたことのある人なら分かるはずだと、残念さを伝えた。

 では日本の駅弁はどう違うのだろうか。筆者自身はまだ食べたことがないそうだが、写真を見たことがあり、「中国の駅弁とはどの程度のレベルかを理解した」という。中国の駅弁しか知らなければがっかりすることもなかったのだろうが、彩り豊かで美しく、見ているだけで食欲をそそられる日本の駅弁と比べれば、中国の駅弁が貧相に見えてしまうのは仕方がない。

 筆者は、日本の弁当を写真で掲載したうえで「刺身弁当もある」と紹介しているが、小鯵押し寿司のことを指しているようだ。「誰が見ても食べたいと思うに違いない」と魅力を伝えた。それに対して一緒に掲載した中国の駅弁は、白いご飯に茶色一食の3種類のおかず、それに漬物が付いているが、見ているだけで食欲が減退するのを感じる。

 さらに筆者は、日本には「チキンカツ弁当というおいしそうな弁当もある」と紹介。鶏肉を揚げた「鶏排(ジーパイ)」は日本でいうチキンカツだが、中国でも人気が高い。しかし、新鮮な鶏肉で作る日本のチキンカツ弁当とは全く違い、「中国のジーパイ弁当はたいしたことがない」と格差を伝えた。また、日本の弁当は「野菜のおかずまでなかなかのレベル」だとも称賛、自分も一度食べてみたいとうらやましげだ。

 中国高速鉄道は中国人の生活を大きく変えたと言われている。しかも乗車料金が安く、赤字路線が多いが中国国民にはかなり支持されていると言って良いだろう。しかし弁当文化が発展した日本と比べると駅弁の格差は歴然としており、この点では日本から学ぶべきと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)