昼寝で午後からの作業効率アップ!

写真拡大

 
 現代人のほとんどが睡眠不足といわれています。睡眠不足を解消するには、夜の睡眠時間を増やすのが基本です。しかし、毎日を忙しく過ごしていると、なかなかそうもいきませんよね。

そこで取り入れたいのが昼寝(仮眠)です。仮眠は健康に良いだけでなく、仕事の効率アップにも役立ちますが、やり方を間違えると逆効果になりかねません。

効果につながる理想的な仮眠のとり方について解説します。

■過ごしやすい気温になり、夏の暑さで弱っていた胃腸が回復し、食欲も戻ってくる時期だから。

■「収穫の秋」というように、秋には多くの作物が収穫の時期をむかえるから。

など、理由は他にもいろいろありますが、やはりそこは四季のある日本ならではですね。

さて、今回は「収穫の秋」におすすめのチンゲン菜を使った簡単献立を紹介します。

・今すぐ読みたい→
集中力をキープ!脳と血糖値の深い関係 https://cocokara-next.com/fitness/relationship-between-the-brain-and-the-blood-glucose-level/

睡眠不足が招くリスク


日本人の睡眠時間は、世界的に見ても少ないことをご存知でしょうか。2014年平均睡眠時間の比較調査によると、日本人の睡眠時間は7時間43分で韓国に次いで2番目に短いことがわかりました。最も長い南アフリカの9時間22分と比べると、1時間半以上も短いのです。

たかが1〜2時間と思うかもしれませんが、睡眠不足が積み重なると、疲れやストレスがたまって生活の質が低下し、さまざまな生活習慣病のリスクが高まります。

これを「睡眠負債」といいます。

睡眠負債がもたらす影響は仕事のパフォーマンスも低下させることがわかっており、その経済的損失は約15兆円とも言われています。

そこで平日の睡眠負債を週末の「寝だめ」で返済しようとする人も多いようですが、体内時計を大きく乱す原因になります。睡眠不足を解消するには、一度にたくさんの睡眠時間を確保するよりも、昼寝などで毎日少しずつ補うのが効果的です。

効果的な昼寝のとり方

それではここで、効果的な昼寝(仮眠)のポイントをお伝えします。

午後4時まで、30分以内に
長い昼寝から目覚めたときに、気分が悪くなった経験はありませんか。30分以上仮眠をとると、目覚めたときに疲れを感じてしまうので逆効果です。25〜30分程度にとどめましょう。深い眠りに落ちやすい正午から午後4時までの時間帯がおすすめです。

事前にカフェインを摂取する
カフェインは摂取後、約30分で覚醒効果を発揮するといわれています。カップ1杯のコーヒーを飲んでから30分ほどの昼寝をすると、カフェイン効果ですっきりリフレッシュできるでしょう。

本格的に眠くなる前に仮眠をとる
眠気を感じてから昼寝をすると、目覚めてからも頭がすっきりせず、パフォーマンスが落ちる場合があります。本格的に眠くなる前の昼寝を習慣にしましょう。

なかなか睡眠時間を確保できない人は、昼寝で補うのも対策のひとつです。睡眠負債は、一度たまると、どんどん膨れ上がります。昼寝を習慣づけて、少しずつ睡眠負債を返済していきましょう。

【参考】
「達人に学ぶ、効率的に昼寝する方法」.ハフポスト
「現代人の睡眠状況」.現代睡眠科学研究所
「日本人の4割が抱える「睡眠負債」の深刻度」.東洋経済オンライン

「けんこうフィットNEWS - 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
集中力をキープ!脳と血糖値の深い関係 ​https://cocokara-next.com/fitness/relationship-between-the-brain-and-the-blood-glucose-level/