エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

写真拡大

「3番・DH」でスタメン、24日まではナ・リーグ本拠地でスタメン外れる

エンゼルス - レッズ(日本時間26日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地レッズ戦に「3番・DH」で5試合ぶりにスタメン出場。5回の第3打席で左前打を放ち、2試合連続安打とした。

 大谷は同点の初回1死走者なしでは快足を飛ばしたものの、わずかに及ばず三ゴロ。3点リードで迎えた3回の第2打席は打球速度108マイル(約173.9キロ)の痛烈なライナーをレフトに飛ばしたが、左翼手アービンの正面を突いた。しかし、第3打席で快音を響かせた。

 5回1死一塁で打席に入ると、1ボール2ストライクと追い込まれてから外角高めへの速球を捉え、三塁方向へのゴロ。“大谷シフト”の逆を突いて、打球はレフト前に抜けた。

 大谷は20日(同21日)のブルージェイズ戦でスタメンから外れ、21日(同22日)からはDH制のない敵地でのカージナルス3連戦だったため、4試合連続ベンチスタートに。すべて代打として出場し、カージナルスとのカード最終戦の23日(同24日)には打球速度105マイル(約169キロ)の弾丸ライナーの右前打を放っていた。

 これで2試合連続ヒット。大谷はこの試合の前まで41試合出場で打率.276、9本塁打、30打点、3盗塁の成績を残しており、2年連続の2桁本塁打到達にも期待がかかる。(Full-Count編集部)