(画像:小林麻耶 Instagramより)
 小林麻耶が芸能界に復帰したことが話題です。

 2019年に入ってはや半年。この上半期の間に、小林麻耶のように芸能活動を本格化したタレントはどれくらいいるのでしょうか?

◆小林麻耶、夫婦で同じ事務所に所属

 昨年7月に電撃結婚し、翌月8月には所属していたセント・フォースを退所して、芸能界を引退した元TBSアナウンサーの小林麻耶が、1年もたたないうちに芸能活動を再開させました。

 ブログで「事務所に所属して仕事をしたいと思いながらお茶をしていた時、偶然目の前を通られたのが生島ヒロシさんでした」ときっかけを明かし、TBSの先輩でもある生島ヒロシの「生島企画室」に所属したことを報告。

 また交際0日婚で籍を入れた夫、整体師の國光吟も、「あきら。」という芸名で生島企画室に所属したことをブログで発表しています。

 夫婦揃って、タレントの道を歩き始めた小林麻耶。復帰の発表の直前、『直撃! シンソウ坂上』(フジテレビ系)に夫婦で出演して引退の真相について、マスコミの執拗(しつよう)な追跡に疲弊し「死にたかった」と語っていただけに、「マスコミが嫌なのになぜ復帰?」「なにがしたいの?」との声も。

 これからどんな活躍を見せてくれるのか期待です。

◆元ももクロ・有安杏果 音楽だけでなく写真家としても活動

 元ももいろクローバーZの有安杏果も、今年芸能界復帰した1人。昨年1月に「子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたい」と、ももいろクローバーZから卒業することを突然発表し、ファンに大きな衝撃を与えました。

 それから1年後、今年の1月に自身のTwitterにて個人事務所を設立し、芸能活動を再開すると発表。予想外に早かった復帰に「普通の女の子になるのでは?」などと賛否の声が寄せられました。

 さらに翌月、その個人事務所の代表であり精神科医の48歳の開業医と結婚を前提に交際していると電撃報告。「25歳上の精神科医と交際って、洗脳されてない?」と世間をざわつかせましたが現在、ライブ活動を行うかたわら写真家としての表現活動を本格的にスタートさせるなど充実したアーティスト生活を送っているようです。

 写真展の開催と写真集の発売も決まっており、48歳の婚約者とのゴールインも今年中にあるのかも!?

◆山本裕典 突然の事務所と契約終了発表から2年。舞台活動がメイン?

 イケメン俳優の山本裕典も、今年芸能界に本格的に復帰しました。

 2年前に所属していた芸能事務所・エヴァーグリーン・エンタテイメントが、山本と話し合い熟考を重ねた結果「山本裕典が弊社の考える基準に至らなかったため、契約内容に違反したと考え、断腸の思いで、契約を終了することにいたしました」と突如契約終了を発表し、それからは芸能界から姿を消していました。

 休業中は飲食店の経営やDJ活動をインスタグラムで報告しており、「彼女もいたし普通にデートもした」とインタビューで語っています。

 そんな山本が今年1月にAbemaTV『極楽とんぼKAKERU TV』に出演し、「私、山本裕典はこの春から俳優業、タレント業を本格的に復帰したいと思います」と挨拶。3月に舞台で俳優として復帰を果たし、8月上演の韓国発のミュージカル『マイ・バケットリスト』に出演することも決定しています。

◆水道橋博士 体調不良の休養から復帰

 昨年11月に過労による体調不良で休養していた水道橋博士。「ようやく保釈になりました。私の反社会行為のためにご迷惑をおかけしました」とのジョークとともに、今年4月にレギュラー番組「バラいろダンディ オトナの夜のワイドショー!」(TOKYO MX)に復帰しました。