話題になったツイート

写真拡大

宇宙飛行士の金井宣茂(のりしげ)さん(41)が、2017年12月から国際宇宙ステーション(ISS)に滞在して以来、身長がなんと9センチも伸びたと公式ツイッター上で明かした。

ネット上では、「うらやましい!」などといった声が上がっている。

「3週間でニョキニョキと。こんなの中高生のとき以来」

「今日は重大なご報告があります」。金井さんは2018年1月9日朝、こうツイートした。

「実は、宇宙に着いてからの身体計測があったのですが、な、な、なんと、身長が9センチも伸びていたんです! たった3週間でニョキニョキと。こんなの中高生のとき以来です」

金井さんは、こう続け、「帰りのソユーズの座席に体が収まるか、ちょっと心配です」と打ち明けた。

このツイートは、反響を呼び、「9センチもですか?凄すぎます!」「背中とか、腰とか痛くないですか?」「金井さん自身が研究対象になってしまう・・」と驚きの声が上がった。一方で、身長を伸ばしたい人も多いらしく、「うらやましい!」「誰か俺を宇宙に連れてってくれ」「宇宙に行って私も身長高くなりたい」などの反応も相次いでいた。

金井さんが所属する宇宙航空研究開発機構(JAXA)の公式サイトでは、「宇宙に行くと背が伸びるって本当ですか?」との質問に2013年3月5日付で次のように答えていた。

米飛行士は、5センチ伸びた身長が2日で元に戻る

「宇宙飛行士が宇宙に行くと、数センチ(だいたい1〜2センチ)身長が伸びる、という現象がおこります。中には7センチ以上伸びた人もいます。これは脊髄の椎間板(軟骨)が宇宙の重力から解き放たれた環境で伸びるからです。ひとつの椎間板あたり、約1ミリ伸びます」

これによると、金井宣茂さんの9センチというのは、かなり伸びたことになるらしい。

ただ、うらやましがるのは早計だ。JAXAのサイトでは、「地球に帰還するとまた重力の影響でもとに戻ります」と明記している。

ちなみに、米CNNの2016年3月のウェブ版日本語記事によると、米航空宇宙局(NASA)のスコット・ケリー飛行士は、1年近くISSに滞在して、身長が約5センチ伸びた。しかし、地球に帰還してから2日もかからず元の身長に戻ったそうだ。