このところ株式市場で資本の論理を前面に押し出すケースが増えている。大戸屋の大株主であるコロワイドは、当初は大株主として経営改革を求めていたが、大戸屋との交渉が決裂したことから、TOB(公開買い付け)の実施に戦略を切り換えた。昨年はアスクルの大株主であるヤフーがアスクルの経営トップ再任に反対するなど、株主としての意向を前面に出して話題となった。日本では双方の関係性が曖昧なまま資本関係を結ぶケースが多く