スバル新型「最上級SUV」発表! 約800万円の「新モデル」に反響多数!? 全身オシャブルーな「アウトバック プラチナクロス」独に登場

写真拡大

「プラチナクロス」最上級モデル

 スバルがドイツで発売開始した「アウトバック エディション プラチナクロス」に反響が集まっています。
 
 ワイルドな「ガイザーブルー」を採用した特別仕様車で、2024年4月10日に投入されました。いったいどのようなクルマで、どのような声が上がっているのでしょうか。

オシャブルーがカッコイイ! スバル新型「アウトバック エディション”プラチナクロス”」

 ウィルダネスは、リフトアップやオールテレーンタイヤで悪路走破性を向上させるとともに、黒い樹脂製の専用プロテクションパーツを追加することでタフな個性を際立たせたカスタムシリーズです。北米でアウトバック、「フォレスター」「クロストレック」の3車種が展開されています。

【画像】超カッコイイ! スバル新型「プラチナクロス」を画像で見る(30枚以上)

 ウィルダネスへの注目度は北米以外でも高く、ウィルダネス風の特別仕様車がちらほら登場しています。

 日本では、ウィルダネスと同じガイザーブルーを採用した特別仕様車がフォレスターに設定され、2度発売されました。

 今回ドイツで発売となったアウトバック エディション プラチナクロスもガイザーブルーを採用しています。

 フロントグリルやホイール、ルーフレール、ドアミラーなどをブラックに統一。差し色はウィルダネスのオレンジに対してイエローグリーンとし、どことなくウィルダネスっぽい雰囲気になっています。

 この特別仕様車は最上級グレード「プラチナ」(2.5リッター水平対向エンジン搭載のAWD車)がベースとなっており、充実した装備内容に加えてHarman/Kardonのオーディオ&インフォテインメントシステム、電動ガラスサンルーフなどのオプションも満載。価格は4万8840ユーロ(約800万円)です。

 以前から「ウィルダネスを日本でも発売して欲しい」という声がある人気のほど。今のところ「ガイザーブルーを採用した特別仕様車」が2回発売されていますが、その反響を見て、いよいよ”本家”ウィルダネスを導入するか検討している可能性を否定できません。