ドイツに勝利した日本代表【写真:ロイター】

写真拡大

日本のドイツ撃破を称賛

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は、E組の日本が23日のドイツ戦で2-1の番狂わせを起こし、世界を驚かせた。中国メディアもアジア勢の活躍を称賛。「キャプテン翼の夢が現実に!」と日本の世界的サッカー漫画を重ね合わせて報じた。

 中国メディア「澎湃新聞」は「W杯トップニュース/なんと、『キャプテン翼』は日本チームの実話を記録する漫画だった」との見出しで報道。「北京青年報」も「『キャプテン翼』の夢が現実に! 日本はいかにしてさなぎから蝶に変わったか」と重ね合わせ、こう説明した。

「日本の名作アニメ『キャプテン翼』には、大空翼が中心となって活躍する日本チームが3-2でドイツを破るという場面がある。11月23日夜、カタールW杯でこれが現実となった。日本チームは1点先行されたものの、2-1で強大なドイツチームを破り、2-1でアルゼンチンに勝利したサウジアラビアに続き、アジアサッカーが軽視できない存在であることを世界に向けてアピールした」

 世界中のサッカーファン、選手たちからも愛されるキャプテン翼では、主人公・大空翼の最強のライバルとしてカール・ハインツ・シュナイダーが登場するなど、ドイツは特別なチームとして描かれている。そんな強豪をついに打ち破った結果を重ねたようだ。

「日本の勝利はサウジアラビアの勝利よりも称賛に値する」

 記事では「試合前、日本がドイツに勝つことを予想した人はほとんどいなかった」とつづり、過去の強化試合でも「日本チームが優位であることを示すものは何もなかった」と1敗1分けだったことを指摘。「最終的に選手たちは自分たちの言葉を実現させ、『キャプテン翼』が描いた日本のサッカーの未来に対する憧れを現実のものとした」と称えた。

「サッカーファンの目から見て、日本チームの勝利はサウジアラビアの勝利よりも称賛に値する。サウジアラビアの勝利には多少なりとも『うまくやった』『運に味方された』部分があるのだが、日本チームはドイツと正面からぶつかり、実力と実力で戦った。身体的には明らかに1サイズ小さい日本がその劣勢を見事に克服した点は注目に値する」

 母国はW杯の出場できなかったものの、同じアジア勢の活躍を伝えていた。

(THE ANSWER編集部)