華道家からヤクザ、そしてピンク映画の助監督…セクシービデオ界の巨匠“代々木忠”の波乱万丈すぎる半生とは から続く

【写真】この記事の写真を見る(2枚)

 メーカーと専属契約を結ばない演者“企画女優”を起用した「全裸シリーズ」で爆発的なヒットを記録したセクシービデオメーカー「ソフト・オン・デマンド(通称:SOD)」。しかし、その利益を費やして制作した新作は鳴かず飛ばずの売上で、経営状態は一挙に悪化した。そんな窮状を救ったのが、現在もなお新作が制作され続ける人気シリーズ「マジックミラー号」だ。当時SODの社長だった高橋がなり氏は、どのように「マジックミラー号」のアイデアを思い付いたのだろう。

 ここでは評論家の本橋信宏氏の著書『新・AV時代 全裸監督後の世界』(文春文庫)の一部を抜粋し、マジックミラー号誕生時の秘話を紹介する。(全2回の2回目/前編を読む)

◆◆◆

お笑い芸人がマジックミラーに隠れて脅かす深夜番組を見て

 全裸シリーズで稼いだ9000万円をすべて吐き出して強行された「空中ファック」はソフト・オン・デマンドの企業名を津々浦々に知らしめることに成功したものの、商業的にはまったくふるわず、本来は返品もきかないはずなのに、全国の販売店から突き返され、倉庫は空中ファックの売れ残り商品の山になってしまった。

 ソフト・オン・デマンドは業界を荒らしまくりながら、わずか1年足らずで倒産目前となり、異端のままその歴史を終えようとしていた。

 儲けた金でおとなしく、売れてる女優をキャスティングして地道にセルビデオ業界でやっていけばよかったものを、と冷笑が業界から浴びせられた。

 だが高橋がなりには、そんな道のりは唾棄すべきものでしかなかったのだろう。

 一場の夢として終わらせるのか、それとももう一花咲かせるのか。

 業界の鬼っ子は最後の賭けに打って出た。

 空中ファックのようなとてつもない予算はもう組めないが、残されたわずかの金でテレビ局の大道具セクションに依頼し、ある大道具を製作してもらった。

「今度僕らがつくったのはマジックミラー号というんです。テレビで飯食ってきたから、関係者価格、割安でつくってくれたんですよ」

 高橋がなりがマジックミラー号の前で誇らしげに解説しだした。


アダルトビデオの棚を背にするソフト・オン・デマンド社長(2004年時)高橋がなり氏  ©文藝春秋

「トラックの荷台を改良して、中から外は見えるけど、外からは見えないマジックミラーで荷台部分を囲って、街頭でナンパした女の子をこの中で脱がせるんです。まるで屋外で脱いでいる露出プレイみたいだけど、女の子も密室に閉じこめられて脱ぐよりもずっとこっちのほうが安心感があるでしょう」

 高橋がなりはテレビ屋らしく、深夜のテレビ番組でお笑い芸人がマジックミラーに隠れて脅かすというドッキリカメラ風のコーナーを見て、ふとマジックミラー号を思いついたという。

「女って特別な環境にあると脱ぎやすくなるじゃないですか。ハイになったら脱ぐんですよ」

「本橋さん。おれ、全裸シリーズで儲かったお金9000万円全額失ってやっと気づいたんですよ。テレビ屋の意地とプライドでAVを制作してきたけれど、心のどこかでおれって、裸を真正面から撮りきろうという心構えができてなかったのかもしれない。逃げてたんです。AVは女優に金を使えというのは当たり前のことなのに、全裸面接でひとりに支払うギャラ1万円、トータル50万円で大売れしちゃったもんだから、勘違いしちゃった。女なんかどうだっていいんだ、環境と映像でいくらでも売れるんだ、女に金使わず、ヘリコプター飛ばしたり、クレーン車に金使ってしまった。地上20メートルで女は怖がるだろう。だからサブタイトルで、究極のSMなんて付けちゃった。馬鹿でしたよ。いままでのAVはみんな同じからみじゃないか、だったら、おれたちテレビ屋が自分たちにしか撮れないAV撮ってみせるって、大胆不敵に勘違いしちゃったんです。AVってやっぱり女だったんです。9000万円失ってやっと気づいたんです。だからもう一度、おれたち、真正面からエロを撮ってみようと思うんですよ。この荷台の中に街行く女たちを呼び込んでどこまで脱がせられるか。一部始終撮っていくんです。やらせ無し。女って特別な環境にあると脱ぎやすくなるじゃないですか。ハイになったら脱ぐんですよ。海外に行けばハイレグビキニで堂々と浜辺を歩くじゃないですか。日常生活から離してあげると、女って弾けるんですよ。それからおれって、ゴールデン番組やってきた人間なもので、ヌケを気にするんですよ」

「ヌケ……つまり奥行きのこと」

「そうです。深夜番組って、低予算だからスタジオのセットも安上がりで、奥行きが無いでしょ。ゴールデンは予算もたくさんあるから、豪華なセット組んでたとえば、夜のヒットスタジオみたいな奥行きのある歌番組がつくれた。だから絵の迫力が違う。奥行きがあるといい絵になるんですよ。書き割りの前で撮るのは安い映像になっちゃう。おれたちがつくったマジックミラー号の映像、すごく奥行きがあっていい映像になってますから」

 だだっ広い空間ではエロが拡散する、というテーゼにあえて高橋がなりは性懲りもなく挑戦しようとしていた。

 女で勝負するよりもあくまでも企画で勝負しようというテレビ屋の意地がある。

 空中ファックで致命的な傷を負い、やはりAVは女で決まると実感しながら、AV専門のプロダクションに女優を紹介してもらうことをいさぎよしとせず、路上を行き交う女たちを起用しようとしていた。

 その心意気は買いだろう。

女へのギャラはせいぜい1万円

 ついにマジックミラー号がその威力を試すときがきた。

 現場を仕切るのはマメゾウ監督、サダージ深野監督だ。向かうは原宿。

 マジックミラー号がソフト・オン・デマンドの倒産を救うことができるのか、企画倒れになるのか。マジックミラー号を路上に止め、ADたちが四方に散り、道行く女性たちに声をかけだした。

 一般女性に声をかけて建物の陰で下着を見せてもらうビデオは前からあるが、マジックミラー号のように特注の車に導き、露出してもらうのははじめての試みだ。

 見ず知らずの車の中に入っていくのは、女性たちにとって抵抗感があるだろうと、困難を予想していたが、意外なことに若い女たちは好奇心の塊なのか、ADの誘いに中まで入ってくるケースがつづいた。

 マジックミラー号の中から通行人が行き交う光景が丸見えで、もしかしたら向こうからもこちらが見えているのではないかと錯覚するほど、遮断された感覚が無い。

 ADに連れられて、マジックミラー号に女子短大生が入ってきた。

 高橋がなりが、彼女を安心させようと、「恐くなったらここから逃げていけるからね」とていねいに説明した。

 どこまで見せてくれるかによって、彼女に支払われるギャラは数千円単位で上がっていく。

 予算に余裕が無いので、脱いだとしてもせいぜい1万円程度なのだが、スタッフの心配をよそに、短大生は恥ずかしそうにしながらもブラジャーまで見せてくれた。

公然猥褻的な状況に女たちはある種の興奮を感じているかのようだ

 背景には原宿の歩行者が見える。

 まるで表参道で公然猥褻をおこなっているかのような感覚に陥る。

 路上に止めてある謎めいた車を不思議そうに見ている男子大学生風の集団がいた。

 短大生の下着姿が歩道から見えるのだろうか。

 彼らのうちのひとりが下着姿の短大生のあたりを先程からずっと凝視している。

 まさか外からうっすらと透けて見えるのだろうか。

 確認のためにマジックミラー号の外に出てみると、外からはまったく見えていない。

 中で脱がせる役は、サダージ深野監督が担当した。

 元慶応ボーイらしく、ソフトな対応で女たちにあたり、ブラジャーを見せてもらった短大生を、上半身露出までもっていくのは容易だった。

 もともと人間には見せたいという願望があるのではないか。

 まるで路上で脱いでいる、公然猥褻的な状況に女たちはある種の興奮を感じているかのようだ。

 最初のうちは車の中まで入りはしても、なかなか脱いでくれる女性がいなかったが、声をかけるADたちが慣れてくるにつれて、増えていった。

賛美のシャワーを浴びせまくると、ついに乳房があらわに

 興味深いことに、真面目そうな女子大生は真面目そうなADが連れてくる。遊んでそうな女子大生はやはり遊んでそうなADが連れてくる。似た者同士がひかれるのだろうか。

 外が見えると、かえって脱ぎづらくなるのでは、と私は思っていたが、どうやらそれは私の杞憂だった。

 トレーナーにジーパンという地味なスタイルの女子大生はしばらく考え込んだ末に、脱ぎだした。

 下着だけになった彼女は、この次、下着を脱ごうかどうか、ためらっている。

 私服の上からでは判別できなかったが、下着姿の女子大生の姿態は艶かしい曲線を描き、胸が下着からこぼれ落ちそうだ。

 ブラジャーに手がかかった。

 サダージ深野の口舌は巧みで、賛美のシャワーを浴びせまくると、ついに乳房があらわになった。

 行き交う歩道の中でいきなり脱ぎだしたかに見える。

 マジックミラー号製作費30万円の他に、彼女たちへのギャラがトータルで10万程度ですむのだから、空中ファックの散財ぶりに比べたら、はるかに安上がりだ。

「おまえらー! 仕込みなんか用意してたらただじゃおかねえぞっ!」

 翌週。

 銀座、赤坂、六本木にてマジックミラー号の撮影がおこなわれようとしていた。

 高橋がなりは次の企画打ち合わせで忙しいのか姿が見えない。

 ADたちの顔に青あざがあった。

 言いにくそうにしているが、どうやら前回のマジックミラー号の女性の中に数人の仕込みがいたことに、高橋がなりが怒り狂ったらしい。

 スタッフが前もって、通行人がまったく協力してくれなかった場合を考えて、企画系女優を数名、通行人役として紛れ込ませていたという。

 たしかに、なかにはいかにも脱ぐのが仕事といったOL風がいたが、素人ではなかったのだろう。

 だが、印象に残る短大生などは、やらせではなく本当の通行人だった。

 本日は、高橋がなりに内緒で仕込みを用意しているのだろうか。

 六本木で粘ってみたがなかなかかんばしい成績があがらない。

 マジックミラー号が移動する。

 助手席のADが真っ青な顔になって、悲鳴をあげた。

「自転車に乗って……追いかけてきますっ!」

 マジックミラー号の後を追って、高橋がなりが必死の形相で自転車をこいでいる。

「おまえらー! 仕込みなんか用意してたらただじゃおかねえぞっ!」

 高橋がなりは真底真剣勝負が好きなのだ。

 しかし、この男の下で働くADも大変だろう。

(本橋 信宏/文春文庫)