ラストアイドルの安田愛里が1月15日、「ABEMA BOATRACE TOWN『クロちゃんのボート女子育成計画』」に生出演して、安田大サーカスのクロちゃんに苦言を呈した。安田はこの日、同メンバーの西村歩乃果とタッグを組んで、クロちゃんとリモートで対決。番組冒頭、「わわわわー」とクロちゃんのマネをして「手が下がってる」「上がっていくもんだから」と指摘されると、「クロちゃんの顔面が映ると下がっちゃう」とつぶやき、クロちゃんを苦笑いさせた。

【動画】アイドルから指摘が クロちゃんは「セクハラ発言が多すぎる」

 番組では指定レースの予想を外すと罰ゲームをするルールで、クロちゃんが1レース目から外すとラスアイチームは「セルフビンタ」を提案。序盤から「かんなちゃん、万舟券を当てたらおへそを見せて」と、アシスタント役のABEMAアナウンサー・藤田かんなに要求するクロちゃんに対して、安田は「最近、セクハラ発言が多すぎるので、丁重に謝罪してください」とも続けた。「ちなみに、どんなのがセクハラ発言だったのか、言ってみて?」。クロちゃんから詰め寄られると、「その言葉です」と即答。「クロちゃんがかんなちゃんって呼ぶのがダメ」との説明の後に「目がいやらしい」とも付け加え、スタジオを笑わせた。

 番組ラストで自身が出演するラジオ番組の宣伝をした場面では、「クロちゃんは出ないので、みなさん、安心してくださいね」とアピール。クロちゃんに「また、ゲストで行くからね」と言われると「メンバーが、クロちゃんが来たことでダメージが大きかったみたい」「みんなちょっと、クロちゃんさんは…って感じでした」とガチめのコメントを述べ、これに「トラウマは克服しなきゃダメなんで、また行くしんよ」と返されると、思いっきりビンタをする素振りを見せてクロちゃんをたじろがせた。
(ABEMA/BOATRACEチャンネルより)