相模原殺傷 被告が取材で語る「死刑に値する罪だとは思わない」

ざっくり言うと

  • 2016年7月、相模原市の知的障害者施設で入所者ら45人が殺傷された事件
  • 被告は拘置所で取材に応じ、「死刑に値する罪だとは思わない」と主張した
  • また、「障害者を安楽死させるべきという考えは間違っていない」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x