ゴーン被告の違反罪、会社法専門の東京大・田中亘教授が異論

ざっくり言うと

  • ゴーン被告が会見で自身の訴追に異論を唱えた人物とした東大・田中亘教授
  • 会社法専門の田中教授は「検察側の主張に疑わしいところがある」と話した
  • 退任後の報酬は株主総会の承認が必要で、支払いの確定は成立しないとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x