木下優樹菜

写真拡大

後手と悪手の連続

 今や妻だけでなく、夫の“追放”も焦点になってきたようだ。もちろん木下優樹菜(32)と藤本敏史(48)夫婦の話である。タピオカ騒動で全ての対応が後手に回り続けたのは、世間の誰もが首を傾げるほどだった。

 ***

【写真】安倍首相の“桜を見る会”で着物を着こなす「木下優樹菜」と「藤本敏史」

 ちなみに、週刊新潮も問題の端緒でご縁を得た。8月8日号に「ブームはひと夏かぎり『ユッキーナ』姉の『タピオカ屋』は大丈夫?」を掲載したのだ。

 木下が7月17日、自身のインスタグラムに〈ゆきなのお姉ちゃんさやかがオープンしました 20日から是非タピりにいってね〉と投稿。さっそく取材のため現地を訪れると、いささか奇妙な応対をされた。

木下優樹菜

《本誌記者が下町の商店街にあるお店を訪ねたところ、開店祝いの花が飾られていた。オーナーの次女に話を聞こうとするも、

「優樹菜は妹だからインスタにあげてくれただけで、何も語る気はありません」

 そう言って、取りつく島もない》

 今から思えば、なかなか意味深なコメントだ。ご存知の通り、次女は《オーナー》ではなかった。取材に答えられないのは、ある意味で当然なのだ。

 この後、ネット上では優樹菜ファンとアンチ優樹菜が炎上を起こし、最終的には木下が活動停止に追い詰められていく。経緯を振り返るため、10月10日にITジャーナリストの篠原修司氏がYAHOO!ニュースに掲載した「木下優樹菜さん、姉勤務のタピオカドリンク店に不適切発言? DMが公開され謝罪発表」を紹介させていただく。

 そもそもネット民が問題視したのは「木下優樹菜の姉はタピオカ店のオーナーでなかったにもかかわらず、まるで姉が開店したかのような書き込みを行った」ことにある。

 篠原氏の記事でも、《実際は経営者ではなかったようで退職に。その後、給与の振り込みをめぐってトラブルが起きていたことを木下優樹菜さんが10月6日のインスタグラムで明かします(現在は削除済み)》と丁寧に前段を解説している。

《これを見たファンたちがタピオカドリンク店のインスタグラムに中傷コメントを投稿し、炎上状態となりました》

 冤罪による炎上だったわけだが、これに《タピオカドリンク店に関係すると思われる人物が、給与振り込みトラブルの内情と木下優樹菜さんが送ったとされるDMをTwitterで10月7日に公開しました》と反撃が開始される。

あまりに口汚いDM

 少し時系列が飛ぶが、11月19日に情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系列・月〜金・8:00)はDMの全文公開に踏み切った。以下に紹介しよう。姉の実名を書き、その「妹だけど」と木下が自己紹介する冒頭の一文だけは割愛させていただく。

《色々いいたいことあるけど、とりあえずさーインスタで宣伝したのが気に食わねえだの色々言われてたみたいだけどさーインスタから消すのがスジじゃないかなー?あと、弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。

 いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ うそつき

 んで、給料明細だすの常識な。色々頭悪すぎな

 あと逆に週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー

 もーさ、やめなぁ? 覚悟を決めて認めなちゃい おばたん

 シカトですかー ごめんなさいとか すみませんでしたとか言えないの 認めたら負け?》
(註:出典はスポーツ報知(電子版)11月19日「木下優樹菜、タピオカ店どう喝騒動のDM全文を公開…『とくダネ!』が独自入手」)

 これで流れは決定的に変わった。篠原氏は《炎上事件は急展開。逆に木下優樹菜さんが炎上する事態となりました》と記したが、恫喝しているような文面はあるわ、そもそも文章が口汚いわ、ネット民の正義感に火をつけるには充分な“ネタ”となった。

 木下はインスタを削除、10月9日には謝罪文を発表する。だがネット上では炎上が続く。削除は姑息と受け止められ、会見を開かず、文章による謝罪にとどめたことは卑怯な弥縫策と見なされた。テレビのワイドショーが沈黙を守ったことも、「事務所の圧力か」と揣摩憶測をあおった。

 ここで木下が会見を開いて謝罪すれば、また違った結果が待っていたかもしれない。ところが10月23日にNHKが「神戸学院大の学園祭 木下優樹菜さん出演を中止 ネットの投稿でトラブル」と報じ、一気に“ニューズバリュー”が上昇してしまう。

 木下へ対するバッシングが可視化されたとも言えるだろう。さらに間の悪いことに、10月30日には「BACK TO SCHOOL!」(フジテレビ系列・水曜・22:00)の初回2時間スペシャル版に木下がゲスト出演。これが火に油を注いだ。さらにバッシングが強まり、11月18日には芸能活動の自粛が発表され、一般紙も報じる事態に発展した。

“代役”を探すテレビ局

 最新の状況で言えば、夫の藤本敏史がテレビ番組で謝罪を行っている。例えばスポニチアネックス(電子版)は12月1日、「藤本敏史 妻・木下優樹菜のタピオカ騒動を謝罪 自身への批判も『夫婦なので』」との記事を報じた。

《お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(48)が1日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演。タピオカドリンク店への暴言騒動を受け、活動自粛を発表した妻でタレントの木下優樹菜(31)に代わってあらためて謝罪した》

 反省の弁を延べ、本来は評価されてもおかしくないはずだが、SNSでは妻以上に評判が悪い。「夫ではなく妻が謝罪すべきだ」という意見なのかと思えばさにあらず、藤本自身が東京ディズニーランドでの“悪行”を働いたという情報がネット上で拡散しているのだ。

 真偽は不明のため、詳細は省かせていただく。だが、“まとめ記事”は現在も拡散を続けている。木下や藤本が入園客に暴言を浴びせる場面など、にわかには信じがたい目撃情報が詳細に記されている。芸能担当記者が解説する。

「木下さんと藤本さんがディズニーランドを嫌いだったら一笑に付されるところですが、運の悪いことにお二人は大のファンで知られています。プロポーズもシンデレラ城の前だったというのは有名なエピソードで、単なる怪情報のはずが、信憑性を感じる人がいるのは確かでしょう」

 ここまでくると、夫婦がそろって謝罪の会見を開いたとしても、炎上が止まるかどうかは分からないという。

「藤本さんが謝罪しても、世論は冷淡です。藤本さんにとっては嫌な展開だと思いますが、妻へのバッシングがご自身に“飛び火”する可能性が現実のものとなってきました。すでにネット世論は『木下優樹菜の顔は見たくない』という意見が大勢を占め、実際に活動停止へ追い込みました。次に『藤本の顔だって見たくない』という意見が賛同を集める可能性もあります」(同・記者)

 すでにテレビ局も“代役”を探しているのだという。民放キー局で番組制作を担当する関係者が明かす。

「芸能人のおしどり夫婦は、テレビ番組には欠かせない出演者といって過言ではありません。古くは高島忠夫(1930〜2019)と寿美花代(87)、長門裕之(1934〜2011)と南田洋子(1933〜2009)が代表例。現役なら中尾彬さん(77)と池波志乃(64)さんご夫妻が筆頭格でしょう。今、注目を集めているのは藤井隆さん(47)と乙葉さん(38)、爆笑問題の田中裕二さん(54)と山口もえさん(42)のご夫妻でしょうか」

 もちろん、かつては藤本敏史と木下優樹菜の夫妻も、この枠で活躍していたことは言うまでもない。関係者は「佐々木健介さん(53)と北斗晶さん(52)が50代になって落ち着かれたので、その間隙を縫う形でフジモン&ユッキーナが重宝されました」と振り返る。

「私が注目しているのは、中尾明慶さん(31)と仲里依紗さん(30)の夫妻です。中尾さんは『愛妻の尻に敷かれるダメかわ夫』であり、仲さんは『鬼嫁キャラ』でも知られます。佐々木・北斗、藤本・木下の“後継者”としてぴったりだと思います」(同・民放キー局関係者)

 11月12日には「いい夫婦の日」で知られるが、中尾と仲は「カレンダーシェアアプリ」のTVCMで初共演し、オンエアが始まった。

「夫婦でCMに共演するということは、芸能界で“おしどり夫婦”と認定されたことを意味します。皮肉なことに、藤本さんと木下さんも今年2月、P&Gの洗剤『ジョイ』のCMに抜擢され、多くのメディアが好意的に報じました。こうなってくると、藤本さんと木下さんが失ったCM枠も、中尾さんと仲さんのご夫婦が起用されるかもしれません」

バラエティにも強い中尾・仲夫妻

 お笑いを本業とする藤本にとって、中尾と仲の夫婦が2人とも「バラエティ対応能力」が高いことも脅威に見えるだろう。特に中尾は、2015年に再演された舞台「七人ぐらいの兵士」で、主演を務める明石家さんま(64)に笑いの才能を“発見”されたというエピソードを持つ。

 舞台が縁となり、18年には、さんまがプロデュース、Netflixが配信を行った「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」の主演に抜擢。ジミー大西(55)を演じきって大きな話題をよんだ。

「中尾さんが『ダウンタウンなう』(フジテレビ系列・金曜・21:55)の『本音ではしご酒』や『ワイドナショー』(同・日曜・10:00)で見事に笑いを取ったのは、テレビマンなら誰でも知っています。妻の仲さんも負けていません。女優としては闇が深かったり、アクが強かったりという役、要するに悪女役を得意にしています。もしトーク番組を制作するとして、仲さんの活躍を前振りにして、“夫いびり”という夫婦ネタにつなげることができます。実はバラエティ向きの夫婦なんです」(同・民放キー局の関係者)

 この関係者は「今後、夫婦のオファーは確実に増えます」と断言するが、実のところ、中尾は「ワイドナショー」でタピオカ問題にコメントしている。

 11月24日の放送分に出演し、「(SNSでは)人の評判を落とすようなことは、この件に限らず、みんながしてはいけないことだと思います」(デイリースポーツONLINE:11月25日)と指摘したのだ。

 ツイッターでも注目され《最初から最後まで唯一まともなコメントをしてたのは中尾明慶くん。彼のコメントは的確でズバリだった。あっぱれ》と評価するツイートも散見される。果たして“良識派”のおしどり夫婦として露出を増やすことに成功するだろうか。

(註:引用時にはデイリー新潮の表記法に合わせた)

週刊新潮WEB取材班

2019年12月4日 掲載