約半数の薬局や店 乱用の恐れがある薬を複数購入する客に目的聞かず

ざっくり言うと

  • 厚労省による2018年度の薬局などに関する調査結果が発表された
  • 約半数の薬局などが、乱用の恐れがある薬を複数購入する客に目的を聞かず
  • 前回より割合が増え、同省は都道府県に監視などの強化を求める通知を出した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング