京都アニメーションが放火された事件 男は小説応募「なし」

ざっくり言うと

  • 京都アニメーションの放火事件では、火をつけたとして男が確保された
  • 男は「小説を盗んだことが不満だった」と、同社への反感を示唆している
  • 同社は小説などを公募しているが、男からの応募はなかったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング