レトロムードがたまらない!本格オムライスがおいしい洋食店5選

真っ赤なケチャップソースがかかった黄色い卵にスプーンを入れる。懐かしい味わいのチキンライスに半熟卵がからんで、口の中でまろやかな味が広がっていく…。

日本の国民的人気食ともいえるオムライス、その発祥はおよそ100年以上前にもさかのぼるそう。カフェやファミレスなどで食べるカジュアルなオムライスもいいですが、たまには老舗洋食店で本物の味をいただいてみませんか?絶品オムライスが味わえる洋食店5店をご紹介します。


●オムライスの原型を生んだ創業120年の老舗洋食店


【銀座】煉瓦亭総本店

明治28年に銀座でフランス料理店として創業。以来、日本における洋食店の草分け的存在として、その名を知られる老舗店です。煉瓦亭の「元祖オムライス」(1,500円)は卵でライスを包むのではなく、ご飯を混ぜ込んだ溶き卵をオムレツのように焼き上げています。創業当時、職人のためのまかないとして食べられていたこのメニューが、オムライスのルーツなのだそう。一口食べてみると、ご飯と合い挽き肉、マッシュルーム、グリーンピースを塩で味付けしたシンプルで優しい風味が印象的。そこにケチャップの酸味がアクセントとして加わると、もうスプーンが止まりません!


煉瓦亭は「カツレツ」誕生のお店としても有名。衣をつけた肉をバターで揚げ焼きにするフランス料理の「コートレット」と和食の「天ぷら」を融合させた「元祖ポークカツレツ」(1,700円)は、サクッと軽やかな食感で、噛むほどにあふれる旨みが人気を呼び、煉瓦亭の看板メニューになっています。上質な油を使用しているため胃もたれしにくく、女性でもカツレツとオムライスを2品同時に頼む人も少なくないのだとか。懐かしさを感じる洋食を昭和レトロな雰囲気とともに楽しめば、心安らぐひとときが過ごせそうです。

<SHOP DATA>
煉瓦亭
東京都中央区銀座3-5-16
03-3561-3882
11:15〜15:00(L.O.14:15)、16:40〜21:00(L.O.20:00)
土曜・祝日 11:15〜15:00(L.O.14:15)、16:40〜20:45(L.O.20:00)
定休日:日曜日


●オムレツが美しく花開く! タンポポオムライスの代表格


【日本橋】たいめいけん

『マルサの女』などで知られる映画監督、伊丹十三の監督作『タンポポ』の中で作られたことから、その名をつけられた「タンポポオムライス」。ライスの上に半熟のオムレツが乗っているのが特徴です。それを店の看板メニューとして取り入れたのが、たいめいけんの「タンポポオムライス(伊丹十三風)」(2,800円 2F)。

ケチャップライスの上のプレーンオムレツに十字の切れ目を入れると、オムレツの外側がめくれて半熟の中身がとろりと溢れ出して、ライスを優しく包みます。 オムレツもケチャップライスも素材本来の旨みをしっかり引き出した、シンプルながらもリッチな味わい。ひと口頬張るとバターの芳醇な香りが鼻から抜けていき、なんとも幸せな気持ちに。シックな内装で統一された店内には大人なムードが漂います。少し背伸びをしたランチデートで訪れてみたいお店です。

<SHOP DATA>
たいめいけん(https://www.taimeiken.co.jp/
東京都中央区日本橋1-12-10
03-3271-2465(代)
【1F】11:00〜21:00(L.O.20:30)、日・祝日〜20:30(L.O.20:00)
【2F】11:00〜15:00(L.O.14:00)、17:00〜21:00(L.O.20:00)
定休日:【1F】1月1、2日、【2F】日・祝日


●王道スタイルを貫く西麻布の名店


【広尾】麻布食堂

外苑西通りから西にのびる坂道を登りきったところにある麻布食堂は、1992年創業の洋食店。レトロな中にも洗練されたモダンな雰囲気が漂う店内。キッチンがよく見えるカウンター席とテーブル席があります。

薄焼き卵でケチャップライスを包み込んだ、一見すると王道スタイルのオムライス(980円)ですが、しっとりつややかに焼き上げられた卵表面の美しさに期待が高まります。スプーンを入れると、ふっくらと心地よい卵の弾力が感じられ、思っていたよりしっかり厚みがあるよう。卵はほぼ均一な厚さでライスを包み、その内側がわずかにとろりと半熟に仕上がっています。キリッとした酸味が特徴のケチャップソースも相性抜群!出来立てふわふわのうちにいただいてしまいましょう。ケチャップソースの他に、デミグラスソースとホワイトソースも選べます。好みのソースを探るべく、何度でも通いたくなるお店です。

<SHOP DATA>
麻布食堂
東京都港区西麻布4-18-1 AZABU WEST-B1
03-3409-4767
11:30〜14:00、17:00〜21:30
定休日:日、月曜、祝日


●「天皇の料理番」仕込みの本格洋食店


【麻布十番】グリル満天星 麻布十番本店

昨年ドラマで話題になった「天皇の料理番」こと秋山徳蔵に師事した、窪田好直氏が総料理長を務める「グリル満天星」。満天星のオムライスの正式名称は「オムレツライス ドゥミグラス」(1,800円)。フレンチの技法で仕上げたふわふわオムレツを「ベーキライス」という特製ピラフに乗せ、その上から約一週間かけて煮込んだドゥミグラスソースをかけた、ここでしか味わえない贅沢すぎる一品です。



8種類の野菜と米をブイヨンで炊き上げて一晩寝かせた旨みたっぷりのピラフに、ふわふわオムレツとコク深いドゥミグラスソースが絡むと、なんとも奥深い味わいに…!この味は本格洋食店だからこそ実現できるもの。ちょっぴり自分にご褒美をあげたい、そんな時にぜひ食べてみてほしい一品です。

<SHOP DATA>
グリル満天星 麻布十番 本店(http://www.manten-boshi.net/
東京都港区麻布十番1-3-1 アポリアビルB1F
03-3582-4324
11:30〜15:30(L.O.15:00)、17:30〜22:00(L.O.21:30)
土日祝 11:30〜22:00(L.O.21:30)
定休日:月曜(祝日の場合は翌火曜休)


●約40年変わらない純喫茶でいただく、ぷるぷる卵のオムライス


【東銀座】喫茶YOU

創業からおよそ40年、昭和のムードを色濃く残す老舗喫茶店。看板メニューのひとつである「オムライス」(ランチセット・ドリンク付き1,100円)は、ケチャップライスの上に“とろふわ”に焼き上げたオムレツをのせた「タンポポオムライス」系のもの。


独自の濃度調節をした2種類のホイップクリームを使用したオムレツは、スプーンでつつけばぷるぷると震えるほどの柔らかさ。とろとろの半熟卵でケチャップライスを包んでいただけば、まろやかな味わいとほどよい酸味が口中に広がり、思わず頬がゆるみます。食後には創業から変わらぬ味のオリジナルブレンドコーヒーを。ミルクのかわりに添えられたホイップクリームを浮かべて、リッチな風味を楽しんでください。

<SHOP DATA>
喫茶YOU(http://www.kissa-you.com/
東京都中央区銀座4-13-17高野ビル1F・2F
03-6226-0482
10:00〜20:30(L.O.)
ランチ 11:30〜15:00、You飯 15:00〜20:30(L.O.)
定休日:年末年始

普段食べているものとは一味違う本格オムライス。素敵な食事と時間を楽しみに行ってみてはいかがでしょう。

<top design:tongpoo/text:K-Writer’s Club>