レース本番を3日後に控えた現地時間10月2日、今年の凱旋門賞(仏GI芝2400メートル3歳以上牡牝)の最終登録が締め切られた。海外のビッグレースにありがちな、有力馬の直前での回避劇はなかった一方で、アイルランドの3歳牝馬タペストリーが、12万ユーロの追加登録料を支払って急遽参戦に舵を切っての参戦が決定した。

 タペストリーは、アイルランドのA.オブライエン調教師の管理馬で、目下大手ブックメーカーの凱旋門賞前売りオッズで1〜2番人気となっているタグルーダ(イギリス/牝3歳)が断然の人気で臨んだヨークシャーオークス(英GI芝約2400メートル3歳以上牝)で、これを差し切って、タグルーダに生涯初めて土をつけたことで、一躍その名を轟(とどろ)かせた。

 その後、距離短縮を図って出走した9月半ばのメイトロンステークス(愛GI 芝約1600メートル3歳以上牝)では10頭立ての9着とまったく奮わず、一旦は凱旋門賞路線から外れたかに見られていた。それが一転して、高額な追加登録料を支払って凱旋門賞に出るとなったからには、これで3頭出しとなるオブライエン調教師にも、何か確信めいたものがあるということなのだろう。追加登録での凱旋門賞制覇は、3年前のデインドリームが記憶に新しい。
 
 タペストリーの参戦を語る上で、鞍上にイギリスの名手ライアン・ムーア騎手を迎えたことも大きい。今年のドバイシーマクラシック(UAE GI芝2400メートル4歳以上)でジェンティルドンナを勝利に導いたように、味方になれば頼もしい存在だが、これがライバルとなると非常に厄介なことこの上ないのがムーア騎手だ。4年前にナカヤマフェスタがこのレースで2着となったときにも、偉業を阻んだのはムーア騎手騎乗のワークフォースだった。

 欧州の大手ブックメーカーもこの参戦に敏感に反応。軒並み10〜14倍という、ゴールドシップ(牡5/須貝尚介厩舎)とほぼ同等のオッズをつけたあたりに多少の迷いも感じられるが、3歳になって5戦1勝、前走がブービー負けの馬という成績から考えれば、それだけ能力への期待の表れだといえよう。

 強力なライバルの追加参戦が明らかとなった一方で、日本から遠征の3頭は、10月1日の追い切り後も順調に調整が続けられている。
 
 ゴールドシップとジャスタウェイ(牡5/須貝尚介厩舎)の同厩舎2頭は、追い切り翌日は厩舎周辺での引き運動が1時間行なわれた。

「気合が入っていながら、リラックスもできている。疲れも見られないし、カイバ食いもいいです。ここまで順調に来ていて、最高の仕上がり」(須貝調教師) と指揮官は2頭の状態に満足そうだ。

 前日の追い切りはシャンティイの調教施設ではなく、山を1つ越えた向こう側にあるシャンティイ競馬場の芝コースを使用して、2頭の併せ馬で行なわれた。滞在する厩舎から競馬場までは馬運車を使わず、シャンティイの森の中の5キロほどの道のりを歩いていったという。見慣れない環境にも動じず、また、競馬場こそ違うが同様の芝質での試走ができたことの収穫は大きい。

 片やハープスター(牝3/松田博資厩舎)は、追い切り翌日、ラモルレイ調教場のダート周回コースで1000メートルの軽めのキャンターで、翌々日も同コースで2000メートルをゆったりと調整された。他の馬が近くにくると、少し気合を表に出す素振りもあるそうだが、概(おおむ)ねリラックスした様子だという。また、翌日の調教中に入れて、タグルーダと前売りオッズで1、2番人気を分け合っているエクト(フランス牡3歳)とニアミスする瞬間もあった。「優雅に走っていたよ」という松田調教師の目には、ライバルも非常にリラックスした状態に見えたようだ。

 3頭それぞれに順調さが伝えられているが、ジャスタウェイ以外の2頭にとっては初めての海外遠征であるし、両厩舎にとっても内厩制ではないフランス遠征は初めてのこと。それだけに、敢えて強調されないまでも修正可能な細かいトラブルはそれなりにあるはずだと推測できる。表向きになったところでは、航空会社のストの影響による輸送プランの変更(当初、パリまで直行で空輸する予定が、アムステルダムまで空輸でそこから馬運車での陸送となった)などだが、少なからずあったはずのこれらの影響も正しくケアしたことが現在の順調さへと繋がっているのではないだろうか。

 これらを支えているのが、それぞれの厩舎のこれまでの海外遠征の経験とともに、これまでに凱旋門賞に挑んだ先人たちの経験の積み重ねであろう。エルコンドルパサー、デイープインパクト、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴルのような惜敗はもちろん、その他も含めて13頭の挑戦は、結果とは別に日本競馬にとって経験という共有財産を蓄えることとなった。蓄積された経験を持つことは、それだけで心のゆとりにつながる。ゆとりある対応ができれば、「順調」という表現に至るのはごく自然な流れだろう。

 奇しくも、松田厩舎は07年にアドマイヤムーンで、須貝厩舎は今年ジャスタウェイで、ともにドバイでGIドバイデューティーフリーを制しており、海外での勝ち方は熟知している。そこへ日本競馬が蓄えたフランスでの戦い方がエッセンスとして加われば、自ずと待望の瞬間へと近づくと思うのは、過度な期待ではないはずだ。

 第93回凱旋門賞は、日本時間10月5日(日)23時30分発走予定。

土屋真光●取材・文 text by Tsuchiya Masamitsu