「ウィンドウ」-「分割」を選択(Office 2003)

写真拡大 (全2枚)

Excelで大きな表を作成した場合、画面に入り切らないセルはスクロールさせて見ることになる。
その際、困るのが離れたセルの比較だ。一つや二つのセルを比べるくらいなら、さほど手間もないが、複数の離れたセル同士を比べるとなると、やっかいだ。何度も画面をスクロールさせる必要があり、非常に面倒だ。

こういった離れたセル同士を見比べる際に便利なテクニックを紹介しよう。


■離れたセルの数値を見比べる方法
ウィンドウの分割のやり方を知っていれば、離れたセルの内容を同時に見ることができて便利だ。

ウィンドウの分割
●Office 2003の手順
1.分割する位置のセルを選択
2.「ウィンドウ」-「分割」
3.「分割バー」と呼ばれる太線が表示されるので、ドラッグして分割位置を調整する

●Office 2007の手順
1.分割する位置のセルを選択
2.「表示」-「ウィンドウ」-「分割」を選択
3.「分割バー」と呼ばれる太線が表示されるので、ドラッグして分割位置を調整する


ウィンドウの分割を解除
●Office 2003の手順
1.「ウィンドウ」-「分割」を選択

●Office 2007の手順
1.「表示」-「ウィンドウ」-「分割の解除」を選択


以上のように、「ウィンドウの分割」のやり方さえ知っていれば、離れたセル同でも苦労せずに数値を見比べることができる。大きな表の数値を見比べることが多い人は、知っていて損がないテクニックと言えるだろう。


■もっと【知っ得!Excel 虎の巻】をみる
もう面倒!表をコピーしたらセル幅が元に先祖帰りしちゃった
面倒な罫線入れもこれで解決!罫線を自動で入力させるワザ
驚くほど簡単!表全体の罫線を一気に削除する技
列幅違いの表もキレイに印刷!知ってれば役立つコロンブスの卵な技