満面の笑みで中国外相を迎える文大統領

写真拡大 (全4枚)

会談にわざと遅刻する中国の非礼

 中国の王毅外相が日韓を歴訪し、尖閣の領有権を主張するなど、言いたいことだけを残して去っていった。これに何ら異議申し立てできず、ベタ褒めを続けるのが文在寅大統領。極東アジアの要衝に、このように無能で危険な外交を展開する人物がいることは、周辺諸国はもちろん世界にとって不幸である。

 11月26日、中国の王毅国務委員兼外相は康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官との会談に遅刻した。

 会談は10時からの予定だったが、10時20分に会場に到着、5分後の10時25分に康長官と挨拶を交わした。

 会談後、記者団から遅れた理由を聞かれて「トラフィック(交通)」と短く答えた王毅外相は、ホテルを10時5分に出発していたことが明らかになった。

満面の笑みで中国外相を迎える文大統領

 王毅外相の非礼な遅刻はこれがはじめてではない。

 昨年12月、ソウルで「韓中友好レセプション」が開かれたときも、出席した長官や国会議員、大手企業幹部など、韓国内の著名人100人余りを40分も待たせた。

 もし、茂木敏充外相が韓国外相を25分も待たせたら、韓国は直ちに日本政府に強く抗議し、翌日、各新聞社は「無礼な日本」というタイトルで取り上げたかもしれない。

 しかし、康京和長官が中国人の非礼を問う発言など行うことは一切なく、中国を大国と褒め称える文在寅大統領は、同日午後に王毅外相と行った会談で歯の浮くような言葉を並べ立てた。

「我々、韓国政府は、中国とともに韓半島で戦争を終結させた。完全な非核化と恒久的平和に向けた努力を惜しまないだろう」

韓国は中国の属国と言われても仕方ない会談内容だった

「これまで、韓半島平和プロセスの過程で中国が見せた建設的な役割と協力に感謝する」

 寝言は寝てから、である。

コロナ拡散の責任を問えず

 中国共産党は1950年、北朝鮮との同盟を名目に朝鮮戦争に参戦。韓国軍と米国軍に銃口を向けて、朝鮮半島の南北分断に決定的な影響を及ぼした。

 その中国が朝鮮戦争を終結させて、平和のための努力をしているという文大統領の発言は、韓国軍や米軍の犠牲者に対する冒涜だといっても過言ではない。

 さらに文大統領は、中国が新型コロナウイルスを韓国はもとより全世界に拡散させたことへの謝罪を要求することもなく、「コロナウイルスという困難な状況にもかかわらず、両国間の交流が続いていることは非常に嬉しく、韓中友好協力関係が堅固だと示している」と述べた。
 
 会談直後、保守野党・国民の力の金起荽(キム・ギヒョン)国会議員は「文在寅大統領の侮辱的な低姿勢外交で韓国国民と、さらに次の世代が享受する韓国の未来は根こそぎ揺さぶられる」と批判。

日本でも言いたいことだけ言って帰っていった中国外相

 大統領の言動は外交とは全くいえず、属国の首長が宗主国の部下に追従するのと変わらないと文大統領を非難する声が上がっている。

 王毅外相が日本と韓国を訪問し、菅義偉首相と文在寅大統領と会談した本音は、こんなところだろう。

 反中・親日性向で知られるジョー・バイデン米国政府の発足を前に、日本と韓国に顔を出して、東アジアにおける中国の存在感を誇示する――。
 王毅外相は、訪日中の24日、首相官邸で面談を終えた後、記者たちに尖閣諸島付近の海域に日本の船舶が入ることができないようにしなければならないと主張。

韓国の中国大使館前では「韓国は中国の属国ではない」と猛反発のデモも

 日本までわざわざやってきて、尖閣の領有権を主張するとは随分とナメた態度である。

 一方、加藤勝信官房長官は11月26日、定例記者会見で王毅外相の主張を「日本政府は全く受け入れられない」「尖閣諸島は、歴史的にも、国際法的にも疑いの余地がない日本の固有領土」と話した。当然のことだろう。

韓国政府は中国の歴史歪曲に抗議しない

 王毅外相は訪韓中、尖閣諸島に関する発言を記者や康京和長官の前でも行った。

 また王毅外相は康長官との会談で、「韓国側が中韓間の"敏感な問題"を適切に処理してほしい」とも要求している。

「敏感な問題」とは在韓米軍に配備された「高高度防衛ミサイル(THAAD)」と米バイデン政権発足後の米中関係に対する韓国のスタンスのことに他ならない。

 中国の望みは、THAADの半島からの撤去と、韓国が米国側に立つことなく、少なくとも中立的な態度を取れということだ。

 文在寅政府が、王毅外相のこの要求に「韓国政府としては全く受け入れられない」などとコメントすることはなかった。

 文大統領の「無能で危険な外交」が日本にも米国にも迷惑をかけるということを知らないのか。

 王毅外相の訪韓直後の26日、米国務省のケール·ブラウン報道官はツイッターに朝鮮戦争時の1950年11月に起きた「長津湖戦闘」から70年を迎えるに当たって、その写真を載せ、こう書き込んでいる。

「われわれは長津湖で戦った韓国と米国の軍人、国連軍2万6000人を称える」

「中国当局者やメディア、さらに教師らは依然として韓国戦争を“米国の攻撃に抵抗して、韓国を支援した戦争"と言い、70年間、中国指導部は責任を回避している」

 韓国の歴史教科書も、朝鮮戦争は北朝鮮が韓国を共産化するために侵略したものだと記述するが、中国共産党は北朝鮮の侵略を否定している。

 また習近平国家主席も10月23日の「抗米援朝参戦70周年記念式」で朝鮮戦争を「米帝国主義侵略拡張を抑制した戦争」と強調した。

 しかし、韓国政府は中国の歴史歪曲に抗議しない。

 文在寅政権は、反中・親日的性向のバイデン次期大統領といえども、トランプ政権と同様、在韓米軍の撤退はせず、“米中二股外交”を維持できるだろうと期待している。

「朝鮮半島の終戦宣言」の意味を知らない

 もっとも、実際は違う。

 バイデン次期大統領は過去、「韓国は血で結ばれた同盟」と発言している。

 また、中国が朝鮮戦争に参戦して数多くの米軍人が犠牲になったとして、11月11日にフィラデルフィアの朝鮮戦争参戦勇士記念公園を訪問して献花した。

 ところが、文在寅大統領は「北朝鮮との終戦宣言」に言及、11月12日に訪米中の康京和長官を通してバイデン次期大統領側に終戦宣言の協力を依頼したという。

 米国にとって朝鮮半島の終戦宣言は、在韓米軍を撤収させることに他ならない。

 文在寅大統領は左翼的思想に心酔して中国と北朝鮮の側に立つが、半島だけでなく日本や台湾など、周辺国家もまた核兵器で武装した集団と対峙していることを認識しなければならない。

 米軍が撤収すれば生存すら危ぶまれることを知らなければならないし、同盟国の米国が韓国に背を向ける結果を予測できないのだろうか。

 屈辱的な外交を繰り返し、危険な思想を持ちながらそれが正しいと錯覚し、周辺国に迷惑をかける人物が、地政学的に東アジアの最も重要な位置にある韓国の大統領を務めている。嘆かわしい限りである。

田裕哲(チョン・ユチョル)
日韓関係、韓国政治担当ライター

週刊新潮WEB取材班編集

2020年11月30日 掲載