アメリカでは国を二分してマスク賛成派と反対派が論争を繰り広げている(EPA=時事)

写真拡大

 マスクにコロナ感染を予防する一定の効果があることは、すでにWHO(世界保健機関)をはじめ、多くの専門家も認めている。しかし、「マスクをするリスク」については、あまり語られていない。米ニュースサイト「American Thinker」常連執筆者で、先端技術研究に従事するAnthony Ciani博士(哲学)は、見落とされている問題を鋭く指摘する。

 * * *
 マスクは、新型コロナウイルス感染症を広めるかもしれない無症状の人の免罪符になり、感染症を恐れる人たちにとって心理的効果をもたらすだろう。しかし、マスクをすることが悪い場合もあるのではないか。

 CDC(アメリカ疾病予防管理センター)とWHOは、マスクが咳やくしゃみで排出される飛沫を遮断すると想定しており、おそらくそれは事実である。医師がマスクを着用するのは、患者の上で話す時に唾が飛ぶことで開放創に感染する可能性を減らすためであり、患者が医療提供者の数フィート以内でくしゃみや咳をした時に自分自身を守るためである。適切に装着された器具を使用すれば、特定の狭い区域での感染が75%も減少する。

 一方で、他人の顔に唾を吐いたりすることがほとんどない一般社会において、感染者であっても咳やくしゃみをしない無症状の人がマスクをつけるべきかは難しい問題だ。 2005年の研究では、肺に入ったウイルス粒子は、正常な呼吸によって空気中に吐き出されることがわかった。息を吐きながら手を口の前に持ってくると手につく水分は、顕微鏡で見るには小さすぎる超微細なエアロゾルであり、マスクでは濾過できない大きさである。1ミクロン以下のこれらの粒子は、同程度の大きさの粒子である煙や匂いのように、空気中に無限に浮遊し、その中にウイルスが含まれるのである。マスクをしていても煙の匂いはわかる。つまり、そういうことである。

 皮肉なことに、禁煙法がウイルスの蔓延を助けた可能性もある。レストラン、ホテル、バーはかつて、タバコの煙を除去するために強力な換気装置と電子空気清浄機、またはHEPAフィルターを使用していた。高機能フィルターであるHEPAは、0.3ミクロンの粒子をほぼ完全に除去する効果があるとされる。現代の飲食店やクラブでは、室内の煙を濾過する必要がないため、高機能なものより空気を効率的に循環させるフィルターを使用している。

 マスクだけでは、空気中に浮遊するウイルスを含むエアロゾルを防ぐことは難しい。それどころか、多量のウイルスが浮遊する場所であれば、マスクは危険でさえある。ある研究では、新品の外科用マスクは細菌の75%を除去したが、細菌のいる環境で120分使用し続けると、もはや細菌を遮断する効果はなくなり、150分後、外科用マスクを使用した患者はマスクを使用しなかった患者よりも逆に50%多くの細菌に曝露した。マスクに大量の細菌が付着したからだ。エンジンルームでも浄水器でもマスクでも、「フィルター交換」は非常に重要なのである。

 CDCのデータによると、全米で1週間に肺炎で死亡している人数は、コロナ以前に比べると、コロナ患者を除いても数千人多い。

 マスクは周囲への気遣いにはなるが、「安全性が向上する」とは必ずしも言えない。

(この記事は「American Thinker」の許諾のもと同サイトの記事を翻訳・要約したものです)
American Thinker :月間ユニークユーザー300万人を誇るアメリカの保守系ニュースサイト。各界の専門家やジャーナリスト・作家の寄稿を中心とし、エリート層の読者が多いことで知られる。