芸能界引退を発表した木下優樹菜(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 タレント木下優樹菜(32)の引退発表が、さまざまな臆測を呼んでいる。今月1日の活動再開宣言からわずか5日後という急展開で、一部スポーツ紙はその理由として「サッカー選手との不倫疑惑のほか、男性グループメンバーとの関係があった」とか「1日の復帰直後に音楽活動もしている30代の俳優との疑惑が新たに浮上」などと、第2、第3の男の存在を報じた。

大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

「それもこれも9日発売の週刊文春が木下さんがらみの文春砲を飛ばすという臆測からです。ところが実際は木下の記事はなし。逆にいろいろな情報が飛び交い、理由や背景をめぐってまた錯綜しているのです」(スポーツ紙芸能デスク)

 坂上忍(53)は司会を務めるフジテレビ「バイキング」でこんな疑問を投げかけた。

「これは引退と引き換えに、その記事は出さないでくれっていうこと?」

 芸能界では売れっ子タレントへの出演オファーに対し、所属事務所が売り出し中の新人らとセットとの条件を提示することがままあり、「バーター」と呼ばれている。今回は木下が引退することによって、不祥事やスキャンダルなどそのタレントにとって否定的な報道を控えてもらうよう交渉が水面下であったのだろうか。木下の元夫でお笑いタレント藤本敏史(49)は引退発表に際しこんなコメントを発表した。

「マスコミのみなさまにお願いです。彼女は本日をもって芸能人ではなく一般の方になります。子供や家族、近隣の方々の日常生活のためにも、報道にご配慮いただけますようお願いいたします」

 引退した真相は今も藪の中である。木下の所属していた事務所が「当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断」などとした、契約解除の理由も具体的には明らかにされていない。しかし坂上が指摘した「何かあるとスコーンと引退となって、もう一般人ですからってやり方が増えてます」との流れは、確かにできつつある。

■取材に殺到するマスコミへの牽制

 文春で不倫を報じられた渡部建は発売前日に「自粛」を発表した。そして公式サイトに「誠に申し訳ございませんでした」とのコメントを出しただけで謝罪会見も開かなかった。スキャンダル報道による反動を見越して先手を打つ作戦とすれば、木下も似ているかも知れない。

「引退し一般人であるから、今後その名誉を棄損するような報道があれば、法的措置も辞さないという宣言にもとれます。それで訴えられたらメディアは負ける可能性大ですから」と、ベテラン芸能記者は深読みする。

 芸能界引退はタレントにとって大きな決断にみえるが、最近は引退後ユーチューブに活路を見いだした宮迫博之らの例もある。木下もほとぼりが冷めたらユーチューブで活動再開したりするかも知れない。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「何かあったら自粛や引退という選択肢は、これからも多用される可能性はあるでしょう。でもマスコミの取材攻勢を避け続けたとしても、芸能人を続ける限り、解決はしませんから。ただし、長くそうした現場を見てきて思うのは、会見し、悪いなら悪いと謝罪し、取材陣の質問が尽きるまで、答えた方が解決が早い場合があるということです。最近では、やはり文春砲で不倫が発覚した俳優さんの『4WD不倫』会見。その方の魅力もあるでしょうけど、会見後、自粛も何もしないで、今も変わらず仕事をされている。スキャンダルについては、きっちりとしゃべったから、もう終わり。そういう方法もあるのです」

 木下優樹菜もきっちり記者会見を開き、それこそ素のヤンキー節でしゃべっていたら展開は変わったかも知れない。