Image: Netspot Wi-Fi Analyzer Free

同じ家の中なのに…どうしてここにはWi-Fiが届かないの?

Wi-Fiのトラブルシューティングにはイライラがつきもの。なんで約束どおりの速度が出ないの?とか、どうして水槽の向こう側では接続できないの?とか。メッシュルーターを導入したけど、どのくらい変わるの?なんてのも。答えを見つけたいなら、スマートフォンにWi-Fi分析アプリをインストールしてみましょう。

Wi-Fi分析アプリはその名のとおり、ワイヤレスネットワークを分析するアプリです。基本的には、Wi-Fiの強度やネットワークの混雑具合を調べるためにありますが、家庭用ネットワークをトラブルシューティングし、最適化して、必要な範囲がしっかりカバーされるようにするにもとても便利です。

ただし、Android版とiOS版では結果に多少の差があり、ここで紹介するツールにもその違いが現れています。中には、従来の感覚からいうと、Wi-Fiアナライザーではないものもありますが、接続速度を検出し、ネットワークに接続されているデバイスを調べることはできます。

知らない人がこっそりネットワークに接続していないかどうかチェックしたい、奥まった部屋でテレワークしなければいけないときに、部屋のどこに強力なWi-Fi信号が届いているかを知りたい、ルーターのデフォルトWi-Fiチャンネルが周辺のデバイスに干渉していないかどうかを確認したい――そんなときには、ここで紹介するアプリが役立ちます。

NetSpot Wi-Fi Analyzer(無料、Android)

Image: Gizmodo US

NetSpot Wi-Fi Analyzerは、Wi-Fi分析初心者に最適なアプリです。複数の帯域で受信できる信号の強度をリアルタイムで確認できますし、多数のネットワークが並んだリストをセキュリティや強度などを基準にフィルターするのも簡単です。また、どのチャネルとどのチャネルが重複しているかも確認できます。

あなたのネットワークに接続しているデバイスを一覧表示することはできませんが、ツールキットとしては、持っていて損のないアプリです。

Fing(基本無料・課金あり、Android、iOS)

Image: Gizmodo US

Fing(フィング)は、機能豊富で見やすく使いやすいアプリです。ネットワークに接続しているデバイスの一覧やWi-Fiの全体的な通信速度、現在開いているポートを含むルーターの構成を確認できます。

ただし、家の中をあちこち移動しながら、Wi-Fi信号の強度がどのように変化するかを見ることはできません。したがって、接続のトラブルシューティングは、ほかのアプリの方が向いています(まあ、テストを繰り返しながら歩き回ればよいのですが)。

Wi-Fi Analyzer(無料、Android)

Image: Gizmodo US

ローカルWi-Fiネットワークの技術的なことを詳しく知りたいという場合は、Wi-Fi Analyzerが良いでしょう。近くにあるネットワークの信号強度や、デバイスの使用に最適な2.4GHzや5GHzチャネルなどを調べられます。アプリケーションを開いたままにしておけば、すべての情報がリアルタイムで更新されます。

表示される情報量が多すぎて、初心者は圧倒されてしまうかもしれませんが、時間をかけてコツをつかめば、このアプリの便利さを実感していただけるはずです。

Wi-Fi Sweetspots(基本無料・課金あり、Android、iOS)

Image: Gizmodo US

Wi-Fi Sweetspotsの指示どおりにスマホをもって家の中を歩き回ってみてください。移動するに従って、Wi-Fi速度が記録されます。最高に科学的な方法とは言えませんし、納得のいく測定結果を得るには、家の中をぐるぐる回らなければならないかもしれませんが、信号強度を簡単に測ることができます。

Android版とiOS版の両方がありますが、高機能のスキャンアプリの少ないiPhoneでは特に便利です。

Wi-Fi Monitor(基本無料・課金あり、Android)

Image: Gizmodo US

Wi-Fi Monitorも、なかなか使えるWi-Fi分析ツールです。情報豊富で、家の中を移動しながら、信号強度と接続速度の両方をリアルタイムで測定できます。フィルターをかけて、関係のないネットワークを除外することもできますし、Wi-Fiチャネルの干渉をグラフ化することもできます。

すべての機能は基本的に無料で使えますが、多少の寄付をして、広告が表示されないようにすることも可能です。

Network Analyzer(基本無料・課金あり、Android、iOS)

Image: Gizmodo US

Network Analyzerは、ローカルネットワークに関するさまざまな情報をフィードバックしてくれるアプリで、ネットワークの問題診断にはとてつもなく便利なツールです。ネットワークに接続されているあらゆるデバイスのデータを測定できるだけでなく、ネットワーク自体の主要な情報も収集できますし、pingツールもあります。

490円払って、Proバージョン(Android、iOS)を入手すれば、ルーターのポートスキャナや上り・下り速度テストなど高度な機能も利用可能。

ネットワーク信号情報 Network Signal Info(Android)

Image: Gizmodo US

ネットワーク信号情報 Network Signal Infoは、Wi-Fi接続の速度と安定性をチェックするだけではなく、インターネットへのセルラリンクについても、同様のスキャンを実行します。ほかのアプリほど機能豊富とは言えませんが、与えられた役割はきちんとこなし、家のどこからでも、Wi-Fi強度を詳しく報告してくれます。

Proバージョン(300円)にアップグレードすると、さらに便利な機能が追加され、広告が表示されなくなります。

Scany(iOS)

Image: Scany

iOSで使用できるネットワークスキャナの中で間違いなくもっとも総合的なアプリといえるScanyでは、ルーターのポート、ネットワークに接続されているデバイス、ファイアウォールの状態などを確認できます。また、ping、traceroute、whois、remotewakeなど、あらゆるネットワーキングツールも備えています。

有料アプリ(730円)ですが、ネットワークの設定やトラブルシューティングにかなりの時間を費やしているのなら、投資して損はありません。