警視庁の科捜研で窓ガラスが割れる事故 分析装置からヘリウム漏れ

ざっくり言うと

  • 警視庁の科学捜査研究所で25日、窓ガラスが割れる事故があった
  • 危険ドラッグを鑑定する装置から液体ヘリウムが気化して噴き出したという
  • 割れたガラスの一部は歩道に落下したが、ケガ人は出ていないとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x